HOME:iPhone/iPad/iPod に関する困ったを解決する情報をご紹介します。

 Q&A ; iPhone / iPad に関する疑問を解決

Q&A TOP | アプリガイド+ | 定番アプリ | ゲームアプリ |

iPhone / iPad とパソコン間でファイルを転送する方法

iOS端末(iPhone / iPad / iPod)とパソコン間で各種ファイル(データ)を転送する方法をご紹介します。 ファイルには、写真や動画、音楽、Excel 、Word 、PDF 、テキストなどがあります。 転送方法は 1.パソコンソフトを使う方法、2.iOSアプリを使う方法、3.iTunesを使う方法、4.クラウドストレージサービスを使う方法、 5.SDカードリーダーなどの機器を使う方法 などがあります。 なお iOS端末には、パソコンのようなファイラー機能がないので、パソコンのように自由にファイルを操作することはできません。 詳しくは、「6.iOS端末へファイルを転送する際の留意点」を参照ください。

1.パソコンソフトを使う方法

iOS端末とパソコン間でファイル転送できるパソコンソフトがあります。 「AnyTrans」や「i-FunBox」、「CopyTrans BACKUP +」などです。 例えば「AnyTrans」は iOS端末とパソコン間で写真や音楽、アプリ(+アプリ内データ)などを簡単に転送できます。 各ソフトについては「iPhone / iPad とパソコン間でファイル転送できるソフト」を参照ください。

2.iOS アプリを使う方法

(1)iOS アプリで写真・動画を転送する方法

『PhotoSync』や『WiFi経由でビデオや写真の転送アプリ』は iOS端末とパソコン間で写真や動画を手軽に送受信できるアプリです。 USB ケーブルで接続する必要がないので手軽です。
□写真動画転送アプリ『PhotoSync
□写真動画転送アプリ『WiFi経由でビデオや写真の転送アプリ

(2)iOS アプリで各種ファイルを取り込む方法

『GoodReader』や『Documents 5』は 各種ファイルを持ち歩けるアプリです。 様々な連携方法でファイルをアプリに取り込んで、閲覧できます。 クラウドストレージサビス(Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなど)とも連携できます。 対応しているファイルには、PDF、画像、音声、動画、Microsoft Office文章、EPUB形式のebook、HTMLのウェブページなどがあります。
□ファイル閲覧・管理アプリ『GoodReader
□ファイル閲覧・管理アプリ『Documents 5

3.パソコンの基本的な機能や iTunes を使う方法

(1)iOS端末とパソコン間で写真・動画を転送する方法

パソコンの基本的な機能やパソコンソフト iTunes を使って、iOS端末とパソコン間で写真・動画を転送することができます。 USBケーブルを利用しますので、転送速度が高速です。 具体的な方法については、次のリンク先を参照ください。
※iOS端末の画像をパソコンに転送する方法は ここ を参照ください。
※パソコンの画像を iOS端末に転送する方法は ここ を参照ください。

(2)iTunesを使って各種ファイルを転送する方法

パソコンの iTunes を使って Office文章や PDFなどを iOS端末内のアプリにコピーできます。 例えば、アプリ「GoodReader」にコピーする場合は、iOS端末とパソコンをUSBケーブルで接続し、 iTunes画面の「App」タブの下にある「ファイル共有」から「GoodReader」をタップし、 「GoodReaderの書類」スペースにファイルをドラッグ&ドロップすればコピーされます。 もう少し具体的な手順は「PC の iTunes を使って iPhone / iPad へファイルを入れる方法」を参照ください。

4.クラウドストレージサービスを利用する方法

クラウドストレージサービスを利用すると iPhon/iPad やパソコンなど様々な端末間でファイルを共有することができます。 有名なクラウドストレージサービスには、『Dropbox』や『Googleドライブ』、『OneDrive』などがあります。 通常それぞれの端末に専用のアプリをインストールして利用します。 初心者の方は 2GB まで無料で利用できる Dropbox が使いやすいと思います。 Dropbox に入れたファイルを閲覧したい場合は、ビューワーアプリ GoodReader を使うと便利です。 GoodReader は、PDF や MSオフィス文書の閲覧、動画や音声ファイルの再生機能があります。 Dropboxは、PDF編集アプリ『PDF Expert 5』や MSオフィス編集アプリ『Polaris Office』にも対応しています。
□クラウドストレージアプリ『Dropbox』 『Googleドライブ』 『OneDrive
□ビューワアプリ『GoodReader
□PDF編集アプリ『PDF Expert 5
□Excel/Word/PowerPoint閲覧編集アプリ『Polaris Office

5.SDカードリーダーなどの機器を使う方法

『i-FlashDrive』は iOS端末に直接接続して使える SDカードリーダーです。 『AirStash(MAS-A02A)』や『MBSD-HS-03/MG』は iOS端末から SDカードや USBメモリー内の写真・動画などに無線でアクセスできる機器です。 これらの機器を使えば、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの間で写真や動画、音楽、文章などのデータ交換ができたり、 メディアに入れて持ち歩くことができるので大量の写真や動画などのデータを利用したい方にはとても便利です。 利用にはそれぞれ専用のアプリを使います。扱えるファイルの種類は、機器により異なります。 USBケーブルや Wi-Fi 環境も必要ありません。
※ SDカードリーダー『i-FlashDrive
※ Wi-Fi SDカードリーダー『AirStash(MAS-A02A)
※ Wi-Fi SDカードリーダー『MBSD-HS-03/MG

6.iOS端末へファイルを転送する際の留意点

iOS端末にはパソコンの様なファイラー機能がないので、単体では自由にファイルを検索・コピー・移動・削除などの操作をすることはできません。 また、iOS端末でファイルを扱うには、必ずアプリを使いますが、その”アプリに用意されている機能”でファイルを転送しないとそのアプリで扱うことは、通常できません。 つまり無理やりあるファイルを iPhone のどこかに入れてもアプリから使うことはできません。 ファイルはアプリ毎に管理されているイメージです。 あるアプリが管理しているファイルを他のアプリが勝手に操作することはできません。 ”アプリに用意されている機能”には例えば iTunes による移行、メールの添付ファイルでの受信、パソコン上のファイルとの Wi-Fi同期、 クラウドストレージサービス(Dropbox、Google Docs、Box.netなど)と連携するなどの方法があります。 利用するアプリにより扱えるファイルの種類は異なります。

7.その他

iOS端末のデータを管理(バックアップやデータ移行)する方法があります。 そこで、iOS端末の設定やデータをバックアップする方法、iOS端末の設定やデータを他の iOS端末に移行する方法、 iOS端末と Android端末間でデータ移行する方法、アプリのデータ移行方法、「連絡先」「写真・ビデオ」を個別に退避する方法 についてご紹介します。 詳細は「iPhone / iPad のバックアップやデータ移行方法」を参照ください。

ご覧頂きありがとうございます。

iPhone は、操作が簡単なので、直感的に操作できると言われることがあります。 たしかに、操作のほどんとは、画面をタップやスワイプすれば良いので、基本的なことはすぐに操作できるようになります。 でも、少し複雑はことをやろうとすれば、何をどうしたら良いかはわかりません。 例えば、写真関連だけでも iPhone の写真をパソコンへ移したり、写真を印刷するにはどうしたら良いかは、画面をタップするだけではできません。 そこで、これまで iPhone を使っていて困ったことを解決した方法を Q&A形式でご紹介します。






免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.