アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

無線LANルータは設置場所に注意

iPhoneなどのスマホやタブレット、パソコンで利用するために無線LANルータを設置されている家庭も多いと思います。 端末とは電波での通信なので設置場所をどこで使っても良さそうですが、実は通信速度や安定性で損している場合があります。 そこで、Wi-Fiの電波状況を最善にするために役立つ、無線LANルータを設置する場合のポイントをご紹介します。

(1)高い位置に置く。

もし床の上に置いているのならすぐに「床から1.5〜2メートル」ぐらいの位置に変更します。 無線LANのシグナルには下方向、横方向に飛ぶという特性があります。 床に置いていると、室内全体にシグナルが行き渡り難いのです。

(2)電子機器の横に置かない。

電子機器も無線LANルータのシグナルに対しては干渉などの影響を与えかねないです。 特にテレビ、電子レンジ、コードレス電話、Bluetooth対応の機器などの近くには置かないほうが良いです。

(3)窓際に置かない。

窓際に置いた場合、半分ものシグナルが外に向かって飛んでいるらしいのです。 電波の半分を無駄にしていることになります。外から無線LANルータが見えてしまうというセキュリティ上の問題もあります。

(4)水槽の近くに置かない。

無線LANのシグナルは水による反射の影響を受けると弱くなるそうです。 水が入った花瓶も同様です。

(5)部屋の角などの死角に置かない。

無線LANのシグナルは360度全方位に飛ぶので、部屋の角や無線LANルータが隠れるような場所に置くのはシグナルが弱くなるなど非効率です。 特に電波が通りにくいコンクリートの壁に挟まれた角は避けよう。 シグナルという点では、木造のほうがコンクリートより通りがよいようです。

まとめると、無線LANルータの電波を効率よく飛ばす設置場所は、家の中央のやや高いところで、周囲に電子機器や大きな家具などの障害物がない場所に、隠さずに置くということになります。 また、電波が届きにくい場合には、無線LAN中継機(例えば「WEX-733DHP」)を置く方法があります。
LANを使うには、LANケーブルを使う以外に、家庭やオフィスに引き込まれている電源ラインにデータの信号を乗せて電力線を通信回線として活用できる 「PLC」 を使う方法もあります。これを使えば、LAN配線をすっきりさせることができるので、親機(ルーター)や子機(スマホやタブレット、パソコン、ゲーム機など)の配置をより手軽にできます。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.