アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | Q&A | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 |

今更聞けない;3G/LTE(4G) と Wi-Fi って何?

今更聞けないことをテーマに、できるだけ簡単に説明したいと思います。 スマートフォン(iPhoneやAndroidスマホなど)でインターネット接続に使えるデータ通信回線は大きく分類すると二種類あります。 モバイルデータ通信(3G/LTE)と Wi-Fi です。 そこで、「3G/LTE(4G)」と「Wi-Fi」について、データ通信を中心にご案内します。

3G/LTE(4G)

3G/LTE(4G)回線は 090/080/070 の電話番号を使った通話や SMS とインターネットに利用できます。 3G/LTE(4G)回線を使ったデータ通信をモバイルデータ通信といい、これを使ってインターネットが利用できるわけです。 モバイルデータ通信は、docomo/au/softbank などの通信事業者と携帯電話の契約をすれば利用できます。 この回線を使えば、インターネットを利用できます。 携帯電話の通信規格は、3G / LTE / 4G などと呼ばれています。 それぞれ世代を表しており、3G → LTE → 4G という具合に発展しています。 つまり、3G回線が高速になったのが LTE で、3.9G と表記されることもありましたが、今は LTE や 4G と表記されます。

Wi-Fi

Wi-Fi は無線によりデータ通信できる無線LAN技術(厳密にはブランド)のひとつです。 Wi-Fi に対応した無線の通信機器は、専門知識がなくても簡単な設定だけで親機と子機間でデータ通信ができます。 つまり、すべての無線LANの機器間で通信できるわけではないのですが、Wi-Fi対応機器同士なら通信できるわけです。 この親機がインターネット回線に接続されている場合は、子機(スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機など)でインターネットを利用できます。 本来は Wi-Fi = インターネットではありませんが、現在はほとんどの Wi-Fi はインターネット回線に接続されているので、Wi−Fi を使えばインターネットを利用できるわけです。 個人が自宅で Wi-Fi を利用する場合は、例えばまずひかり回線などのインターネット回線を契約後、それに無線LANルーターを接続すれば Wi-Fi が使えます。

以上説明したことを整理すると表1のようになります。
表1「3G/LTE(4G)と Wi-Fi 比較」
3G/LTE(4G) Wi-Fi
用途 ・音声通話
・SMS
・データ通信(モバイルデータ通信)
・データ通信
主な特徴 ・屋外向き。
・通信エリアが広い(基地局と端末の距離は半径数百メートル〜数キロメートル)。
・屋内向き。
・事務所や個人住宅などの狭いエリアで利用(親機と子機の距離は実質数十メートルの範囲内)。
利用方法 ・キャリアやMVNOと契約して利用する。
・固定回線(ひかりやケーブルTV)に無線LANルーターを接続して使う。
・モバイルWi-Fiルーターを契約して使う。
・Wi-Fiスポットを使う。
インターネットを通信量や速度制限を気にしないで高速で安定して使いたいのなら、一般的には 3G/LTE 回線より Wi-Fi の方が良いです。 Wi-Fi を使うには、固定回線(ひかりやCATV)に無線LANルーター(例えば「PA-WG1200HP」) を接続して使う方法やモバイルWi-Fiルーターを利用する方法、Wi-Fiスポットを使う方法などがあります。 それぞれの特徴やどれを使ったら良いかについては、「Wi-Fi を使うためのサービスやプランのご紹介」を参照ください。

モバイルWi-Fiルーターについて

自宅に Wi-Fi の環境がないひとは、モバイルWi-Fiルーターはそのかわりになります。 ひかりやCATVを使うには、最初に工事が必要な場合がありますが、モバイルWi-Fiルーターを使ったサービスだとそのような手間が不要で、最短で契約日に利用開始 できるなど便利です。 モバイルWi-Fiルーターを利用する「Pocket WiFi」や「WiMAX」のようなサービスは、各ケータイキャリアやプロバイダーから提供されており月額約 4,000円ぐらいから利用できます。 ただし、モバイルデータ通信を使うので、電波状況により期待した通信速度が出ない場合やサービスやプランにより通信速度制限があります。 「Pocket WiFi」はデータ通信を一定の容量(例えば 7GB)超使うと通信速度制限されるサービスが多いので注意が必要です。 「WiMAX」の「UQ WiMAX2+ギガ放題」のプランなら通信量制限はないですが 3GB/3日超利用で通信速度制限はあります。 ただし速度制限されても 6Mbpsぐらいなので標準画質の動画視聴も可能です。 このようにサービスやプランにより内容は様々です。 具体的なサービスは 「Pocket WiFi」と「WiMAX」についてご紹介 を参照ください。

無料Wi-Fiを使う場合には注意が必要

自宅や会社以外で Wi-Fi を利用したい場合、モバイルWi-Fiルーターを利用する以外に Wi-Fiスポットというのがあります。 Wi-Fiスポットには、無料で利用できるところと有料(月額 300〜500円ぐらい)で利用できるところがあります。 無料ですとマクドナルドや一部コンビニ店舗、ホテル、駅ビルなど利用できますが、無料で利用できる Wi-Fi スポットはセキュリティ上注意が必要です。 気をつけないと通信内容を傍受されて盗まれる場合があります。 詳しいことは「無料の Wi-Fi を安全に使う方法のご紹介」を参照ください。

ご覧頂きありがとうございます。

iPhone 便利ですよね。 自分は iPhone3GS から使っていますが、便利な一方、未だにわからないことがあります。 そこで、役にたった使い方やアプリをメモとして記録してみました。 このサイトをご覧頂いたかたの参考に少しでもなればと思います。 新しくメモしたものは トップページ で公開しています。 特に iPhone 初心者には「iPhone入門」が参考になると思います。

iOS定番アプリケーション

PDF Expert 5』PDF編集アプリ
POLARIS Office 5』EXCEL/WORD編集アプリ
GarageBand』音楽制作アプリ
PhotoLayers for iPhone』写真合成アプリ
ATOK for iOS』iOS機器用日本語入力システム
Yahoo!カーナビ』ナビゲーションアプリ
AVPlayer』動画プレイヤーアプリ
連絡先+』連絡先グループ分けアプリ
Microsoft Mobile Office』MSオフィス編集アプリ
1Password』パスワード管理アプリ
オービス警報』オービスや取締ポイント通知アプリ

iOS人気ゲームアプリケーション

Minecraft』サンドボックス型ゲーム
Deemo』美しい世界観と音楽が融合したリズムゲームアプリ
Space Marshals』スニーキングアクションゲーム
Radiation Island』クラフト系サバイバルゲームアプリ
World of Tanks Blitz』戦車対戦ゲーム
Sky Gamblers: Storm Raiders』第二次世界大戦空中戦ゲーム
ドリフトスピリッツ』ドライビングバトルゲームアプリ
ドラゴンクエスト・シリーズ』ゲームアプリ

人気記事

データ通信量 1GB でどの位使えるか?
iPhone とPC間でデータ転送方法
iPhone の写真を印刷する方法
iPhone で使ったデータ通信量を知る方法
iPhone の画面をテレビに映す方法
SDカードの写真を iPhone に移す方法
iPhone でPDFを閲覧・編集する方法
iPhone でEXCEL/WORD編集する方法
iPhone の容量が不足したときの対策
スマートフォン料金を安くする方法






免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.