アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

Wi-Fi を使うためのサービスやプランのご紹介

スマートフォンやタブレットなどの端末では、3G/LTE(4G)回線や Wi-Fi を使ってインターネットを利用できます。 3G/LTE(4G)回線はキャリア(docomo / au / softbank)などの通信事業者と契約して利用します。 3G/LTE(4G)回線でのデータ通信をモバイルデータ通信といいます。 一方 Wi-Fi を利用するには色々な方法があります。 プロバイダーと契約して使う方法や無料の Wi-Fiスポットを使う方法など実に様々です。 そこで、Wi-Fi を使うための方法をご紹介します。 3G/LTE(4G)と Wi-Fi の違いがピントきていないひとがいれば 「3G/LTE(4G)と Wi-Fiって何?」 が参考になると思います。
自宅で Wi-Fi を使うには、
(1)固定回線(ひかり、CATV、ADSL)に無線LANルータを接続して使う方法
(2)モバイル回線(ポケットWiFiやWiMaxなど)を契約して使う方法
があります。 それぞれに様々なサービスがあるので、表「Wi-Fi対応のサービス」にまとめてみました。
表「Wi-Fi対応のサービス」
回線 サービス
固定回線
CATV
ADSL
GMOとくとくBBのドコモ光

【So-net 光 (auひかり)】
モバイル回線 PocketWiFi
WiMAX
SoftBank Air
Yahoo! WiFi

UQ WiMAX

GMOとくとくBB WiMAX2+

So-net モバイル WiMAX 2+

SoftBank Air

1.固定回線に無線LANルーターを接続して利用する方法
2.モバイル回線を使ったサービスを利用する方法
3.テザリングを使う方法
4.Wi-Fiスポット(コンビニやマクドナルド、駅など)を使う方法
5.おススメのサービス・プラン
尚、インターネットを快適に使う時にはどれぐらいの通信速度があれば良いかは 「データ通信速度はどれぐらいあればよいか」、 データ通信量の目安は「データ通信量 1GBでどのくらい使えるか」を参照ください。

1.インターネット固定回線に無線LANルーターを接続して利用する方法

プロバイダー(*1)とプロードバンド(高速・大容量な通信回線)の契約をします。 インターネット回線には FTTH(ひかり回線;フレッツ光/auひかり/NURO光)や ADSL、CATV(ケーブルテレビ)があります。 これに、無線LANルーター(例えばPA-WG1200HP)を購入してモデムに接続して利用します。 これで Wi-Fi を定額・高速・無制限で利用できます。
プロバイダーには So-net やぷらら、@nifty、hi-ho、BIGLOBEなどがあります。 具体的なサービスは GMOとくとくBBのドコモ光や So-net 光 (auひかり) などがあります。 同じひかり回線といっても、回線事業者やプロバイダーによりサービスやプラン、料金は異なります。 また、プロバイダー毎に期間限定で割引などキャンペーンがあるので、うまく利用すればお得に利用できる場合があります。 docomo回線利用者ならドコモ光を、au回線利用者なら So-net 光 (auひかり) を使うと割引があるのでお得です。 詳細は、下記に記載したそれぞれの申し込み先を参照頂ければと思います。

GMOとくとくBBのドコモ光
「GMOとくとくBBのドコモ光」は、ドコモ光の公式パートナーGMOとくとくBBによるサービスです。 安心のドコモ光が WEB で申し込みできます。 料金は、集合住宅月額4,000円(税抜)、戸建て月額5,200円(税抜)からです。 通信速度は上り下り最大1,000Mbosです。 BUFFALO製の高性能 Wi-Fiルーターを無料でレンタルできます。 doomoスマホ利用の場合、毎月最大 5,700円の割引が適用される場合があります。 12月31日まで工事費用が 0円です。
申し込み先:GMOとくとくBBのドコモ光

So-net 光 (auひかり)
「So-net 光 (auひかり)」は、KDDIが提供するauひかり回線を利用した上り下り最大1Gbpsの高速インターネットサービスです。 キャンペーンによりお得に利用できるだけでなく、さらに、auスマートバリューなら割引があります。
キャンペーン:戸建て向けの場合
3年間月額料金2,980円(税抜)、あるいは、45,000円のキャッシュバック+月額料金4,150円から利用できます。 さらに、auスマートバリューなら最大2年間、1回線ごとに毎月最大2,000円割引があります。 マンション向けの場合は、更に安いです。
申し込み先:【So-net 光 (auひかり)】

おそらく一番使用者が多いと思われる ひかり回線 について注意事項を説明するとその住宅ではじめて利用する場合自宅までの工事が必要になります。 その場合一軒家で持ち家なら、自分の家なので工事することは余り問題はないでしょうが、集合住宅の場合その建物にフレッツ光や auひかりの設備がないと導入できません。 契約はその建物毎にみんなで回線を共同利用するという契約になります。 その建物全体は個人の持ち物ではないので、例えばマンションの持ち家でも管理組合の許可をとってという手続きが必要になると思います。 賃貸なら建物の管理会社や大家さんに許可をとってからになります。 何にしても、集合住宅の場合は、事前にその建物でひかり回線が使えるか確認する必要があります。

2.モバイル回線を使ったサービスを利用する方法

持ち運びができる端末「モバイルWi-Fiルーター」を使って Wi-Fi が使えるサービスがあります。 例えば (1)softbank系列が提供している「PocketWiFi」や(2)au系列が提供している「WiMAX」です。 屋外でも Wi-Fi を利用したい方や自宅でひかり回線や CATVが使えないけど Wi-Fi を使いたい人には便利なサービスです。 詳細は、「Pocket WiFi」と「WiMAX」についてご紹介 を参照ください。

3.テザリングを使う方法

テザリングはスマホをモバイルWi-Fiルーターのように使ってWi-Fiが利用できる機能です。 スマホが無線LANの親機になるわけです。 契約プランとスマホ本体が対応していれば使えます。 手軽に Wi-Fi が使えて便利ですが、スマホのモバイルデータ通信を使うことになるので、使い過ぎに注意しないと、速度制限されることになります。
ところで、格安SIMの中には通信量制限が無く使えるプラン( 例えば「U-mobile データ専用 LTE使い放題」) があります。このプランなら、通信速度 3Mbpsながら月額 2,760円で通信速度制限なく使えます。 さらに、この「データ専用 LTE使い放題」を SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター(例えばAterm MR04LN)で使うということも出来ます。これなら、専用機なのでバッテリーの持ち時間が長いし、別売のクレードル利用により、ホームルータとしても利用可能です。 詳細は「データ通信量無制限で使えるプランのご紹介」を参照ください。

4.Wi-Fiスポットを使う方法

コンビニやマクドナルド、駅などにある Wi-Fiスポットで Wi-Fi が使えます。 約500円/月ぐらい払って利用できる有料のサービスとコンビニなどで利用できる無料のサービスがあります。 無料の Wi-Fi を利用するときにはセキリティ上注意が必要です。 詳細は「無料の Wi-Fi を安全に使う方法のご紹介」を参照ください。

5.おススメサービス

以上、 Wi-Fi を使うためのサービス・プランについてご紹介してきましたが、 個人的には、自宅で Wi-Fiを使うのなら 「GMOとくとくBBのドコモ光 」や 「So-net 光 (auひかり) 」 などのひかり回線を使うのが無難だとおもいます。 もし、家が賃貸などの理由でひかり回線が使えない場合は、モバイル回線を使ったサービスを利用することになりますが、 その場合は、電波状況が良いのなら 「GMOとくとくBB WiMAX2+ 」 や 「So-net モバイル WiMAX 2+ 」 の「WiMAX2+ギガ放題」が無難だとおもいます。 なお業者を選択する場合、料金も大切ですが、きちんとサポートしてくれるかも重要です。 特に、あまりこのようなことに詳しくないかたは、まずはサポート体制が整っているサービスを選択したほうが良いと思います。
固定回線サービス
モバイル回線サービス

(*1):プロバイダー(ISP)とはインターネット接続業者のことです。 プロバイダーの正式呼称は「インターネット・サービス・プロバイダー」で「Internet Services Provider」の頭文字を取り「ISP」と略されます。 ひかり回線やADSL回線を使うには、プロバイダーと契約します。 プロバイダーと契約すれば、回線の手配(工事など)とインターネットへの接続を行ってくれます。 プロバイダーは、契約者がインターネットを使えるように、IPアドレスを割り当ててくれるわけです。 IPアドレスは、インターネットを使う端末に割り当てられるアドレスのようなものです。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.