アプリガイド+

  Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | welcome |

【注目ニュース】
SoftbankのiPhone利用のあなたに朗報
iPhone の写真を安く印刷
スポーツ中継 DAZN をテレビで見る
タッチペン・スタイラスペン ご紹介

iPhone のバックアップデータ保存場所

パソコンの iTunes を使って iPhone のデータをバックアップした場合、データはパソコン内のどこに保存されているのかご紹介します。 パソコンが故障した場合に備えてのバックアップデータに、このデータも含めておけば安心です。 保存される場所は、パソコンの OS により異なります。
尚、バックアップされるデータというのは、iPhone 内のデータがすべてそのまま退避されるわけではありません。 例えば、アプリ本体は含まれませんが、アプリ内のデータは含まれます。 アプリ本体は、Apple のサーバーにあるので、わざわざ各自がバックアップする必要はないわけですからこのほうが合理的です。 また、バックアップデータの内容を確認することはできません。 つまり、そのままパソコンでバックアップデータを見ても、中の写真や音楽を探すことはできません。 ただし、バックアップデータの内容を解析して中にあるデータを個別に復元できる 『FonePaw iPhoneデータ復元』のようなパソコンソフトがあります。

Windows Vista、Windows 7 / 8 / 10 の場合

通常 C ドライブにある次のディレクトリにあります。
『/ユーザー/(ユーザー名) /AppData/Roaming/Apple Computer/MobileSync/Backup/』
「AppData」フォルダにすばやくアクセスするには、「スタート」をクリックします。検索バーで「%appdata%」と入力し、「Return」キーを押します。

Windows XPの場合

通常 C ドライブにある次のディレクトリにあります。
『/Documents and Settings/[ユーザー名]/Application Data/Apple Computer/MobileSync/Backup/』
「Application Data」フォルダにすばやくアクセスするには、「スタート」をクリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。「%appdata%」と入力し、「OK」をクリックします。

Macの場合

『~/ライブラリ/Application Support/MobileSync/Backup/』
「~」はユーザのホームフォルダのことです。

※iPhone のデータを復元する場合、このバックアップデータが役に立ちますが、iTunes の復元では個別のデータだけを復元したり、 取り出すことはできません。そこで、パソコンソフト 『Dr.Fone for iOS (Win版)』を使うと、バックアップデータから連絡先、SMS、写真、ビデオ、カレンダー、メモなどの詳細情報をプレビューすることができます。 このソフトはダンロード版ですので、すぐに利用することができます。
詳細情報&ダウンロード先情報:『Dr.Fone for iOS (Win版)






免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.