アプリガイド+

  Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | welcome |


◆Amazon秋のセール 5〜50%OFF 10/29まで

iPhone入門;iPhone 7 / 6s / SE を買ったら最初にやること

iPhone ( 7/7 Plus / SE / 6s/6s Plus など) を買ったときに最初にやることをご紹介します。 iPhone を購入して、実際に手にするとワクワク感もマックスだと思います。 ところでイザ使い始めようとしたときに、最初になにをすれば良いのかわからないという方も多いと思います。 そこで iPhone を使い始めるときにやっておいたり知っておいたほうが良いことをご紹介します。 iPhone 入門者から中級者を想定して内容をまとめていますが、 データバックアップやデータ移行など機種変更される場合に参考になる情報もご紹介しています。
はじめて電源ONした時の設定
iPhone を入手して初めて電源をON にすると10項目ぐらいの設定が開始されます。 設定手順は次のリンク先を参照ください。
参照「iOS端末の使用開始設定(iPhone 8 / 8 Plus;iOS11)

紹介するのは、つぎの情報です。
1.データ引き継ぎ方法
2.キャリア毎の設定方法(キャリアメール設定、電話帳データ移行、Apple ID)
3.やっておいたほうが良い設定
4.節電設定(バッテリー駆動時間を延ばす方法)
5.モバイルデータ通信量節約方法
6.iTunes Store
7.iTunes の準備
8.アプリのダウンロード
9.入れておきたいアプリ
10.マニュアルを見る方法
11.関連知識
まったくの iPhone 初心者の方なら「10.マニュアルを見る方法」を最初に読んだほうが参考になると思います。 iPhone には紙のマニュアル(ユーザーガイド)はありませんが、Appleがネット上に公開されていますので、それをiPhoneで読めます。 Webページ版と電子書籍版があります。Webページ版はアプリ「safari」で、電子書籍版はアプリ「iBooks」で読むことができます。

1.データ引き継ぎ方法

これまで iOS端末(iPhone/iPad) や Android端末を使っていたのならデータの引き継ぎができます。

iOS端末からのデータ引き継ぎ

iOS端末同士ならパソコンの iTunes や iCloud を使えばほぼすべてのデータや設定を引き継ぎできます。
参照「iOS端末の設定やデータをバックアップする方法

Android端末からのデータ引き継ぎ

Android端末からはアプリを使えばデータ(連絡先、カレンダー、写真、動画)を移行できます。
参照「iOS端末と Android端末間でデータ移行する方法

2.キャリア毎の設定方法(キャリアメール設定、電話帳データ移行、Apple ID)

iPhone を使い始めるときには、キャリアメールの設定などいろいろな設定をする必要があります。 例えば、キャリアメールの設定やガラケーからの電話帳データ移行を行う場合がありますが、具体的な手順は携帯電話会社ごとに異なります。 キャリアは、このような情報をウェブサイトで公開していますのでご紹介します。 また、iOS端末を使うには Apple ID が必ず必要になります。 これまで Apple ID や iCloud を登録したことがない方は設定しておきます。
参照「キャリア毎の設定方法(キャリアメール設定、電話帳データ移行、Apple ID)

3.やっておいたほうが良い設定

使うときにやっておいたほうが良い設定例です。 パスコートはセキリティ上重要ですので面倒でも設定して使うことをオススメします。
●パスコード設定
●紛失したiPhoneを探すための準備設定
●バッテリー残量%表示 オン/オフ
●キータッチサウンド オン/オフ
●壁紙設定
●着信音設定
参照「iPhone を使い始めたときにやっておきたい設定

4.節電設定(バッテリー駆動時間を延ばす方法)

バッテリーの利用時間を伸ばすための設定例です。 自分が必要としていない機能をオフにしたり調整することにより節電します。
●明るさを調整する
●自動ロックの時間を短くする
●Wi-Fiを使用しないならオフ
●Bluetoothを使用しないならオフ
●Appのバックグラウンド更新をオフ
●自動ダウンロードを無効にするをオフ
参照「iPhone 節電設定

5.モバイルデータ通信量節約方法

モバイルデータ通信を使いすぎると通信速度制限されます。 そうなるとメールや LINEのメッセージぐらいは使えますが、WEBページを1ページ表示 するのにも時間がかかりますし、動画視聴はほぼ不可能です。 そこでモバイルデータ通信を節約することは大切です。 例えば次のようは方法があります。
●ネットサービスを使う時にはできるだけ Wi-Fi を使う。
●WEBプラウザアプリは「Chrome」 や「Opera Mini」を使う。
●アプリごとにモバイルデータ通信での利用を制限する。
●「バックグランド更新機能」は必要最小限にする。
● iCloud の同期アプリは必要最小限にする。
●「診断/使用状況」は送信しない。
参照「iPhone のモバイルデータ通信量を節約する方法
参照「iPhone で使ったデータ通信量を知る方法

6.iTunes Store

iTunes Store は Apple が提供しているオンラインストアです。このオンラインストアはキャリアとは関係ありませんので、代金支払いも別です。 iTunes Store では音楽・ミュージックビデオ・オーディオブック・アプリ・ブック(電子書籍)のダウンロード購入や映画のレンタル・ダウンロード購入ができます。 iTunes Store は本体にあるアプリ「iTunes Store」や「App Store」、パソコンソフト「iTunes」を使って利用できます。 代金支払方法は Apple ID に登録したクレジットカードや iTunes Card を使います。 iTunes Card の具体的な使い方は「iTunes Card/コンテンツコードを使う」を参照ください。

7.iTunes の準備

iPhone は Apple が提供しているパソコン用無料ソフト iTunes と連携して利用するとより便利に使えます。 iTunes は CD から iPhone へ音楽を入れる場合や iPhone のデータバッアップ、 App Store や iTunes Store からアプリケーションや音楽・映画のダウンロードなどに利用できます。
参照「iTunesのダウンロード

8.アプリのダウンロードについて

iPhone のアプリはすべて App Store からダウンロードします。 支払いは Apple ID に登録したクレジットカードや iTunes Card で行います。(キャリアの請求とはまったく別です。) 無料のアプリも豊富にありますが、有料でも 120円(2015年4月現在)からありますし、価格はパソコンのアプリと比較したらかなり安いです。 アプリは実用的なものから楽しめるエンタメ系のものまで実に豊富で、2015年1月現在、150万本以上あると言われています。 iPhone 単体でも標準アプリ「App Store」からダウンロードできますが 100MBを超えるものは、 Wi-Fi回線やパソコンの iTunes 経由 でないとダウンロードできません。

9.iPhone に入れておきたいアプリ

iPhone はパソコンと同じで、アプリをインストールすることで、これまでできなかったことができるようになります。 iPhone の場合、アプリはすべて App Store で公開されているので、そこからダンロードして利用することになります。 App Store には、150万本以上のアプリが公開されています。 そこで、オススメのアプリをほんの少しだけご紹介します。
様々なWEBサイトに登録するとIDとパスワードが必要になり、これを管理するのは面倒です。 そこで役立つのがパスワード管理アプリ『1Password』です。 iPhone の回線通信速度を測定したい場合は、『Speedtest.net Speed Test』があります。 iPhone で使ったデータ通信量を計測したい場合は、『DataMan Next』があります。 音楽を聴くには、標準アプリ「ミュージック」がありますが、 『SonicMax Pro』は、 イコライザー機能により好みの音質で音楽を楽しめるプレイヤーアプリです。 写真撮影には、標準アプリ「カメラ」がありますが、『Camera+』は手ブレ防止、タイマー、編集など豊富な機能があります。 スケジュール管理には、標準アプリ「カレンダー」がありますが、『Calendars 5』はとても使いやすいです。
参照「iPhoneに入れておきたいアプリ
参照「標準アプリとオススメアプリ

10.マニュアルを見る方法

iPhone には説明書やマニュアルは同梱されていませんが、Appleが用意している Webページや電子書籍(ブック)があります。 これを一読しておけば基本的な機能や操作方法がわかるので、使いこなすのが楽になると思います。 Apple が用意している「iPhoneユーザーガイド」は、Apple社のホームページに用意されているので、それを Webページやアプリ「iBooks」で閲覧できます。 詳細は次のリンク先を参照ください。
参考:iPhone の「ユーザガイド」を表示させる方法

11.関連記事

(1)iPhone 知っておいたほうが良い知識
(2)iPhone を使う際にあると便利な機器
(3)Apple公式アプリ;Apple サポート
(4)Apple公式サイト;Apple サポートへようこそ
ベストセラー
「Fire HD 10 タブレット」

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!



免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.