アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

「Google Maps」アプリの便利な小技 ご紹介

Googleが提供している無料の地図サービスに「Google Maps」があります。 単に地図としての機能だけではなくて、ナビ機能もあり、活用されている方は多いと思います。 無料のアプリ『Google Maps』 を使えば iPhone で利用することができます。 そこで、このアプリの便利な使い方をご紹介します。 (Googleアカウントをお持ちで無いからは、Google のトップページから無料で登録できますので、登録後ログインしておいてください。)
1.現在地周辺の施設を探す方法
近くにある施設、例えばコンビニやガソリンスタンド、駐車場、トイレなどを地図上に表示することができます。 例えば、コンビニを探したい場合は、検索窓に「コンビニ」と入力して検索します。 すると、地図上やその下に検索結果が表示されます。 音声で入力することもできます。
2.場所を登録する方法
良く利用する場所は、登録しておけば、再入力の手間が省けます。
(1)地図上で登録したい地点をタップ。
(2)タップ地点情報が画面下に表示されるのでタップ。
(3)星印「保存」をタップすると「登録済み」と表示される。
   星印「登録済み」をタップすると登録が解除され、星印「保存」に変わる。
(4)登録した場所の確認は、「マイプレイス」でできる。
  「マイプレイス」は、検索窓左横「三」印をタップ。
3.自分が向いている方向を表示させる方法
自分が向いている方向がわかる方法があります。 「コンパス」アイコンをタップするだけです。 「コンパス」アイコンは、「Google Maps」トップ画面右下にある下から2番目のアイコンです。
4.片手で拡大・縮小する方法
画面の拡大縮小は、両手でなら簡単にできますが、片手指1本で操作することもできます。 方法は簡単で、画面2回素早くタップし(2回目のタップ後指を離さないで)指を上下に動かします。 上に動かせば縮小、下に動かせば拡大できます。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.