アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

iPhone を使う際にあると便利な機器(アクセサリ)

iPhone 単体でもとても便利で楽しい端末ですが、いろいろな機器と一緒に使うとさらに便利で使える場合がありますので、そんな機器をご紹介します。 iPhone の画面をテレビに映せる機器があるので、使うとiPhoneをテレビなどの大画面で楽しめます。 iPhone はバッテリーが無くなると使えなくなりますので、それをカバーするためにモバイルバッテリーがあります。 iPhone 本体のストレージの空き容量がなくなると最悪写真も撮影できなくなりますので、対策として iPhone 対応のSDカード・リーダーなどの機器があります。 iPhone で文字入力を効率よくしたいのならやはりキーボードがあると助かります。 iPhone の音楽を高音質で聴けるワイヤレススピーカがあります。 このように周辺機器を使うと不満を解消したりさらに便利に使えたりします。 そこで、そんな周辺機器やアクセサリをご紹介します。

(1)iPhone の画面をテレビの画面で見られる機器

iPhone で動画を見たりゲームをやる場合、小さな画面より迫力ある大画面で楽しみたいという方に、iPhone の画面をテレビなどの大きな画面に映して見られる機器があります。 例えば、AVアダプタ「Apple MD826AM/A」や「Apple TV」「Fire TV Stick」です。 詳細は ここ を参照ください。

(2)モバイルバッテリー

iPhone などスマートフォンのバッテリは1〜3日ぐらいしか持ちません。連続で数時間利用すると空になることもあります。 そこで外出時のバッテリー切れ対策としてモバイルバッテリーを持つと安心です。 iPhone を 4,5回充電できるぐらいのバッテリーが約 3,000円ぐらいからあります。 オススメモバイルバッテリーは ここ を参照ください。

(3)iPhone 対応外付けメモリやSDカードリーダー

iPhone の記憶容量は製品により 16GB、32GB、64GB、128GB のモデルがありますが、容量不足になった場合それ以上 音楽、写真・動画などを入れることはできません。そこで、直接 iPhone に接続できる外部メモリ「LINK Power Drive」や SDメモリリーダー「i-FlashDrive」、無線で SDカードを利用できる「AirStash(MAS-A02)」などを利用すれば容量不足をカバーできます。
・iPhone 対応メモリ&バッテリー『LINK Power Drive
・iPhone/iPad対応SDカードリーダー『i-FlashDrive
・無線 SDカードリーダー『AirStash(MAS-A02)

(4)ワイヤレスキーボード

iPhone/iPad でタッチパネルから長い文章を入力するのは少し面倒です。 やはり入力は慣れ親しんでいるキーボードが楽というかたに、iPhone/iPad で使える Bluetooth 対応ワイヤレスキーボード は ここ を参照ください。

(5)ワイヤレススピーカー

iPhone の音楽を高音質なスピーカーで楽しみたいという場合、Bluetooth 対応のワイヤレス スピーカーがあります。 例えば、一回の充電で約24時間の連続再生できるコンパクトなワイヤレススピーカー『Anker SoundCore』です。 詳細は ここ を参照ください。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.