アプリガイド+

  Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | welcome |

【注目ニュース】
SoftbankのiPhone利用のあなたに朗報
iPhone の写真を安く印刷
スポーツ中継 DAZN をテレビで見る
タッチペン・スタイラスペン ご紹介

iTunes を使って iOS端末へファイルを転送する方法

パソコンの iTunes を使って、パソコン内の Excel / Word / PDF などの各種ファイルを iOS端末( iPhone / iPad / iPod)に入れる方法をご紹介します。 iOS端末では、セキュリティの関係で、USBメモリのように手軽にファイルを入れることはできません。 USBメモリの場合、パソコンと接続すれば、後はドラッグ&ドロップで簡単にコピーできますが、このようなことが iOS端末ではできません。 iOS端末でファイルを扱う場合アプリ単位になりますので、そのアプリが持っている機能でファイルの出し入れができます。 もうひとつの方法としては、パソコンの iTunes を使って iOS端末内のアプリにファイルを転送できます。 ただし、すべてのアプリがこの機能に対応しているわけではありません。 例えば『GoodReader』や 『Documents 5』などが対応しています。) そこで、iTunes を使ってパソコンのファイルを iOS端末のアプリに転送する手順を説明します。
事前準備: iOS端末とパソコンを iOS端末付属の USBケーブルで接続しますが、パソコンへ iTunes がインストールされていると 「自動同期」する場合がありますので、USBケーブルで接続する前に自動同期しない設定にしておきます。 (自動同期しない設定方法は「自動で同期しないようにする方法」を参照ください。)
(1)iOS端末とパソコンをUSBケーブルで接続。
(2)パソコンのiTunesを起動。
(3)iTunes上段にあるiOS端末のマーク(ボタン)をクリック。
(4)iTunes画面の左側にある「App」をクリック。
(5)iTunes画面右側ウインドウを下にスクロール。
(6)「ファイル共有」が現れるので、ファイルをコピーしたいアプリを選択(クリック)。
  (アプリが対応していなければ表示されない。)
(7)選択したアプリの右欄に、コピーしたいファイルをドラッグ&ドロップ。
(8)コピーが開始される。
コピーが終了したらアプリを起動して、コピーしたファイルを閲覧できるか確認して見てください。
※iOS端末とパソコン間でファイルを転送する他の方法は「iOS端末とPC間でファイルを転送する方法」を参照ください。






免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.