アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

少年漫画も青年漫画もオンラインコミックを100円レンタル、電子貸本Renta!

iPhone 充電のコツ

電池(リチウムイオンバッテリー)は、満充電のまま使い続けたり、完全放電状態で長期間放置したりすると、 エネルギーを蓄える結晶構造にダメージを受けます。
ダメージを受けたバッテリーの蓄電できる最大容量は減っていきます。 そこで充電の方法としては、適度な充電状態を維持するために 20% から 80% の間で充電しながら使い続けるのが良いようです。 つまり、残り 20% ぐらいになったら充電を開始して 80% ぐらいになったら充電をやめるような方法で充電します。 ですから、充電するときには満充電や過放電にしたりしません。 つまり、充電するときには 100% の状態に長時間しないことや 0% の状態で長時間放置いないようにします。 また、充電しながら iPhone を使うということもやめたほうが良いようです。
次のリンク先の情報も参考になると思います。
「スマホの寿命が長くなる充電テク 100%になる前に外す」
http://news.livedoor.com/article/detail/10646981/
「スマホの100%充電はNG?! 」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/konoikekenzo/20151210-00052319/
※電池のメンテナンスの為に月に 1回ぐらい完全放電してから満充電する作業を行います。
※パソコンの USB経由で充電する場合はパソコンの電源は入れたたままで充電します。(スリープモード、スタンバイモード時もだめです)
※iPhone を長期間使わないで保管する場合はバッテリーは 50% ぐらいで保存します。
※次も参考になると思います。
iPhoneのバッテリーを長く使う方法
バッテリーがもたない場合の対策





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.