アプリガイド+

  Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | welcome |


「Fire TV Stick」ネット動画をテレビで楽しめる端末

「Fire TV Stick」は、テレビのHDMI端子に挿すスティックタイプの端末で、 YouTube / DAZN / Hulu / Netflix / dTV などの動画視聴やアプリストアのゲームをテレビ画面で楽しむことができます。 iOS端末(iPhone / iPad)や Android端末の画面をテレビに映すこと(ミラーリング)もできます。 動画やゲームが好きな方には魅力的なデバイスですのでご紹介します。
尚、2018年10月4日に Fire TV Stick の上位機種にあたる「Fire TV Stick 4K」の発売が発表されました。 出荷予定日は 12月12日です。 5.購入先情報と Fire TV Stick 4K でご紹介します。

Fire TV Stick の詳しい紹介より購入先を見たい場合は「購入先:Fire TV Stick 」を参照ください。
注意:2018年1月より Fire TV Stick で Youtube を視聴できなくなるという報道がされていますが、 これは Gooel が提供している「Youtube」アプリを使っての視聴ができなくなるということです。 Youtube は WEBブラウザでも視聴できますが、2018年1月以降も Fire TV Stick で使えるWEBブラウザ「Silk」や「Firefox」を使えば Youtube は視聴できます。 (2018年7月31日現在視聴できています。)

1.特徴
2.動画視聴
3.ミラーリング
4.利用環境(機器・ネットワーク)
5.購入先情報と Fire TV Stick 4K
6.使った感想

1.特徴

「Fire TV Stick(第2世代)」は、CPU(クアッドコア )や GPU、メモリ(1GB)、ストレージ(8GB)、解像度最大 1080p 、OS(Fire OS)を搭載した非常に小型の端末です。 機能としては、アプリを使うことによりオンライン動画視聴やゲームなどができます。 サイズは 85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm、重量 32.0gです。 通信機能は、Wi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1 対応です。 外部端子は、Micro USB(電源用)と HDMI を搭載しています。 出力は 720p、1080p、最大60fps です。 更に、音声認識付きリモコンが付属しています。 1080pのフルHD対応なのでテレビの大画面でも映画やドラマを綺麗な映像で楽しめます。 音声は、Dolby Audioなので HDMI(7.1chまで)で、映画館のような鮮明で大迫力サウンドです。 「Fire TV Stick」を使ったイメージがわかる動画があるので 「Fire TV Stick 設定動画」を参照ください。
次のようなことができます。
Amazonブライム・ビデオをテレビで見る。
●Amazonミュージック・ライブラリで購入した曲の再生。
●Amazon Cloud Driveにアップロードした写真の表示。
Amazon Fire TV Stick 対応アプリ・ゲーム を楽しむ。
●iOS端末(iPhone/iPad)や Android端末の画面をテレビに映す(ミラーリング)。
●スマホのリモコンアプリでの操作可能。
●YouTube や dTV、Hulu、Netflix、DAZN などをテレビで見る。 どんな動画を視聴できるかは「2.動画視聴」を参照。

2.動画視聴

「Fire TV Stick」「Amazon Fire TV」を使えば、動画配信サービスに対応したアプリを使って動画をテレビで見ることができます。 (どんなアプリがあるかは「Fire TVシリーズ 対応動画アプリ一覧」を参照ください。) 例えば、Youtube や DAZN 、Amazonプライム・ビデオ、NETFLIX、Hulu、dTV 、U-NEXT 、AbemaTV、ニコニコ動画、 スポナビライブ 、dアニメストア、Paravi、GYAO! 、DMM.comなどの人気の無料・有料サービスを利用できます。 有料サービスは個別に契約が必要ですが、ほとんどのサービスで無料でお試し視聴が可能です。
参照:無料お試し視聴できる「動画配信サービス

3.ミラーリング

ミラーリングは、端末(スマホやタブレットなど)の画面をテレビなどのモニタ画面に表示できる機能です。 例えば、スマホ内の写真や動画をテレビに映して楽しむということができます。 iOS端末には「AirPlay」というWi-Fiを使ってミラーリングできる機能があるので、AirPlayを利用してモニタなどにiOS端末の画面を映すことができます。 Fire TV Stick のミラーリング機能は、Miracast に対応している端末で使うことができます。 Windows8.1 以上のパソコンや Android端末、Fire HDX などの端末が対応しています。 詳しいことは、「Amazon Fire TV のディスプレイミラーリングを使用する 」をご確認してください。
iOS端末でも Amazon Androidアプリストアにあるアプリ、例えば「AirReceiver」を使ってミラーリングできます。 手順はつぎのようになります。(iOS11の場合)
(1)Fire TV Stick を起動して、画面上段メニューにある「アプリ」を選択して、アプリ「AirReceiver」をインストール。
購入先:Amazon Androidアプリストア「AirReceiver
(2)インストール終えたならば、アプリをクリックして起動。
(3)手持ちのiOS端末例えば iPhone6s で「コントロールセンター」を表示。
(4)「画面ミラーリング」をタップ。
(5)すると画面が変わって接続可能端末として「AFTT-1」が表示されるのでタップ。
(6)すぐに iPhone の画面がテレビ(モニタ)に映る。
以上で、ミラーリングができ、例えば iPhone で画面をスワイプしてもテレビ画面に映った iPhone の画面もサクサクと動くと思います。 注意点としては、Fire TV Stick と iOS端末は、必ず同じ Wi-Fi(SSID)に接続されている必要があります。 ミラーリングをやめる時には、(5)の画面下にある「ミラーリングを停止」をタップします。

4.利用環境(機器・ネットワーク)

Fire TV Stick を使うためには、次のような環境が必要です。
・Fire TV Stick 本体。
・HDMI端子対応のテレビやモニタ。
・Wi-Fiネット環境(ただし、別売りの「Amazon イーサネットアダプタ」を使えば有線で利用可能)

5.購入先情報と Fire TV Stick 4K

「Fire TV Stick」の上位機種に当たる「Fire TV Stick 4K」の発売が発表されました。 日本での出荷は、12月12日(予約受付中)の予定で、価格は 6,980円です。 これまで上位機種であった「Fire TV」は、現在のところしばらくは併売されるようですが、おそらく在庫がなくなり次第販売終了になるとおもいます。
「Fire TV Stick 4K」は、現行の「Fire TV Stick」より2000円高くなりますが、プロセッサ性能が上がり(80%以上もパワフル)、 解像度も上がり(現在の1080pから4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+をサポートに)ます。 オーディオも「Dolby Audio」から「Dolby Atmos」にグレードアップ(対応するオーディオ機器との接続が必要)します。 つまり、ボックス型の「Fire TV」の性能が、スティック型の「Fire TV Stick」に引き継がれた製品といえるでしょう。 価格は、「Fire TV」が8,980円ですから実質値下げされた製品と言えるでしょう。 さらに、国内では初の Alexa対応の Fire TV なので、Alexa経由で映画やTV番組の検索を行えるほか、天気の確認など Alexaの機能を利用できます。
「Fire TV Stick 4K」の主な仕様は、1.7GHzクアッドコアプロセッサー、ストレージ8GB。 802.11a/b/g/n/ac WiFi(2.4/5GHz)、Bluetooth 4.2/5.0 LE。 サイズは 99 x 30 x 14 mm(4Kでない「Fire TV Stick」よりもひと回り大きい )。
このように、テレビで プライム・ビデオや Youtube などの動画を見たいのなら、利用者の評価も高い「Fire TV Stick」や その上位機種にあたる「Amazon Fire TV」「Fire TV Stick 4K」がおススメです。 価格重視なら「Fire TV Stick」、ワンランク上の性能(4K・HDRやDolbyなど)を求めるなら「Amazon Fire TV」「Fire TV Stick 4K」ということになります。
どの機種もインターネットとの接続は、基本無線(Wi-Fi)での接続になりますが、オプションの「Amazon イーサネットアダプタ」 を使えば有線接続できます。
尚、個人的には「延長保証:2年間¥980」加入がおススメです。
購入先Fire TV Stick(第2世代)
購入先Amazon Fire TV(おそらく在庫がなくなり次第販売終了)
購入先Fire TV Stick 4K(予約受付中:10/31(水)までに予約注文するとAmazonギフト券500円分が貰える)
購入先Amazon イーサネットアダプタ

6.使った感想

使った感想としては、画面は綺麗で、もたつくことなく動きます。 自分は、iPhoneとAndroid端末両方利用していますが、ミラーリング利用時も画面の動きは滑らかです。 動画視聴については、スマホの6インチぐらいの小さな画面で動画を見るのと、テレビなどの大きな画面(モニタ)で見るのとでは、迫力が違いますし、音も良いです。
「Fire TV Stick」は Amazon が提供しているデバイスですので、同じ Amazon が提供している動画配信サービス 「Amazonプライム・ビデオ」とも相性が良く、このサービスは Amazonプライム会員なら無料で利用できます。 Amazonプライム会員は30日間無料体験できますので「Amazonプライム・ビデオ」も無料体験できます。
「Amazonプライム」は税込年会費 3,900円(または月払い400円)で利用できますが、 「Amazonプライム無料体験」 を使えば 30日間無料で体験することができます。 さらに、学生さんには、よりお得な「Amazon Student」(最初の6か月は無料。その後年会費 1,900円)もあります。
自分は Amazonプライム会員なので、会員なら無料で動画を視聴できる プライム・ビデオ を楽しんでいます。 ロードオブザリング、ミッションインポッシブル、ゴッドファーザー、007、ワールドスピード、スタートレックなどの映画シリーズ作品や アメリカのテレビドラマ、メンタリストやクリミナルマインド、24、プリズンブレイク、フリンジなどがおすすめです。 これまでは、スマートフォンやタブレットの小さな画面でみていた作品をテレビ(モニタ)の大画面で楽しめるので、「Fire TV Stick」を購入してよかったです。
参考:Amazonプライム
参考:Amazon Student
参考:プライム・ビデオ




免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.