アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

Wi-Fi を使うためのサービス紹介

スマートフォンでは、モバイル回線や Wi-Fi を使ってインターネットを利用できます。 ここでは、自宅で Wi-Fi を使う方法をご紹介します。
自宅で Wi-Fi を使うには、
(1)固定回線(ひかり、CATV、ADSL)に無線LANルータを接続して使う方法
(2)モバイル回線(SoftBank AirやWiMaxなど)を契約して使う方法
があります。 それぞれに様々なサービスがあるのでご紹介します。

1.固定回線で利用する方法

ひかり回線やCATV、ADSLの契約をしてインターネットが使えるようにします。 その回線に無線LANルーターを接続すればWi-Fiが使えるようになります。
メリットは、回線速度が速いことです。 特にひかり回線は数100Mbps以上の速度が期待できます。 デメリットは、回線の工事が必要になる場合があることです。 また、賃貸の場合には、利用できない場合があります。
具体的には、次のようなサービスがあります。 それぞれの詳細は、リンク先を参照ください。
(1)GMOとくとくBBのドコモ光
(2)auスマホをお持ちならセットでお得!【So-net 光 (auひかり)】

2.モバイル回線で利用する方法

モバイル回線を使うサービスには、SoftBank Air、WiMAXがあります。
SoftBank Air は、据え置きタイプの端末で利用します。
WiMAX はモバイルWi-Fiルーターや据え置きタイプの端末で利用できます。
メリットは、回線工事が必要なく、電波が届く場所ならどこでも使えることです。 デメリットは、ひかり回線よりは通信速度が遅く、利用する場所により電波が届いていない場合には使えません。
具体的には、次のようなサービスがあります。 詳細は、それぞれのリンク先を参照ください。
(1)SoftBank Air
(2)UQ WiMAX
(3)GMOとくとくBB WiMAX
(4)WiMAXならSo-net!お得なキャンペーン実施中

固定回線サービス
モバイル回線サービス

(*1):プロバイダー(ISP)とはインターネット接続業者のことです。 プロバイダーの正式呼称は「インターネット・サービス・プロバイダー」で「Internet Services Provider」の頭文字を取り「ISP」と略されます。 ひかり回線やADSL回線を使うには、プロバイダーと契約します。 プロバイダーと契約すれば、回線の手配(工事など)とインターネットへの接続を行ってくれます。 プロバイダーは、契約者がインターネットを使えるように、IPアドレスを割り当ててくれるわけです。 IPアドレスは、インターネットを使う端末に割り当てられるアドレスのようなものです。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.