アプリガイド+

  Application Guide Plus

HOME | iPhone入門 | 豆知識 | welcome |


「Wi-Fiアシスト」機能に注意

iOS 9以降のiOSには、Wi-Fiの電波が弱くて通信に支障が出る場合、自動的にモバイルデータ通信に切り替わる「Wi-Fiアシスト」という機能があります。
この機能は、デフォルトでオンになっていますので、自分は Wi-Fi を使っているつもりでも、知らない間にこの機能でモバイルデータ通信を使ってしまう可能性があります。 速度制限を気にしているひとなら、使っていないつもりのモバイルデータ通信を知らず知らず使ってしまうことは、困ったことです。 これを防ぐには「Wi-Fiアシスト」をオフにしておくに限ります。操作は次のようになります。
「設定」>「モバイル通信」または「設定」>「モバイルデータ通信」の順に選択します。 下にスクロールして、「Wi-Fi アシスト」のスライダをタップしオフにします。
モバイルデータ通信をつい使いすぎて速度制限されたら以降とても不便です。 ですから、モバイルデータ通信量は日ごろからどれぐらいつかっているか知っておいたほうが良いでしょう。 iPhone本体やアプリなどで知ることができますので、詳しいことはつぎのリンク先を参照ください。 一定のデータ通信量になると通知してくれる機能のアプリがあります。
参照:iPhoneで使ったデータ通信量を知る方法




免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.