格安SIM・Wi-Fi案内+

  MVNO & Wi-Fi Guide Plus

HOME | トップ | welcome |


インターネット回線とプロバイダ

インターネットを使うには、インターネット回線やプロバイダとの契約が必要です。 インターネットはインターネット回線の種類やプロバイダにより、通信速度や料金は変わります。 なので、どんな回線にするかやどこのプロバイダにするかは非常に重要です。 そこで、インターネット回線とプロバイダについて説明します。
インターネット回線は、回線自体のことで、光回線、CATV回線、ADSL回線、モバイル回線があります。 (ADSLは新しい利用者の提供は終了しています。)
プロバイダとは、ISP(Internet Service Provider)のことで、回線をインターネットに繋ぐサービスを提供している業者のことです。 プロバイダは、回線提供者と同じ場合があります。 (例えば、NURO光は、光回線提供者とプロバイダが同じです。NURO光はSONY系列の光回線事業者です。)

インターネット回線

インターネット回線には、固定回線とモバイル回線があります。 固定回線は、光回線、CATV回線、ADSL回線があります。 モバイル回線には、softbank系列のポケットWi-Fiとau系列のWiMAX(WiMAX2+)があります

光回線

光回線は、光ケーブルを使っているので、非常に高速です。 次のような種類があります(提供会社)。
フレッツ光(NTT西日本/NTT東日本)
auひかり(KDDI)
NURO光(ソニーネットワークコミュニケーションズ)
電力系のインターネット回線
・中部電力:コミュファ光
・関西電力:eo(イオ)光
・中国電力:メガエッグ
・四国電力:ピカラ光
・九州電力:BBIQ光

CATV回線

CATV回線は、ケーブルテレビの回線を使ってインターネットに接続するサービスです。

モバイル回線

モバイル回線は、携帯電話などの電波(LTE回線やWiMAX)を使うので、持ち運びができるインターネット回線です。 端末としてバッテリーで使えるモバイルWi-Fiルーターを使います。 最近は、コンセントに繋ぎっぱなしで使える、据え置き型の端末もあります。 モバイル回線の電波を端末で受信して、端末からWi-Fiの電波を発信します。 固定回線のような工事が必要ないので、契約したらすぐに使えるというメリットがあります。 ただし、回線の速度は、利用する場所により変わります。
モバイルWi-Fiルーターをレンタルしているサービスがあるので、手軽に使えます。 1日約400円、30日で約6000円で使えるサービスがあります。 利用期間が長いと割安になります。 モバイルWi-Fiルーターのレンタルについては、つぎのリンク先が参考になると思います。
参照:モバイルWi-Fiルーターのレンタル

プロバイダ

最初に、インターネットを使うには、インターネット回線やプロバイダとの契約が必要ですと説明しましたが、現在は、 光回線契約とプロバイダ契約が一括でできるサービスが多くなっています。 例えば、フレッツ光回線を活用した光コラボレーションです。 光コラボレーションの場合には、請求元や問い合わせ窓口が光コラボ事業者に統一されています。 光コラボレーションの事業者には、GMOとくとくBB、@nifty、plala、BIGLOBE、So-net、OCN、Yahoo!BBなどがあります。
モバイル回線の場合もブロバイダは必要なのですが、WiMAXやポケットWi-Fiなどは、回線も持ちながらサービスも提供しているので、回線事業者兼プロバイダです。
次の情報も参考になると思います。
参照:Wi-Fi を使うためのサービス




免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.