アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

『Googleドライブ』クラウドストレージサービス

『Googleドライブ』は、ファイルをオンライン上のストレージに保存し、色々な端末間で共有できるクラウドストレージサービスです。
MSオフィスドキュメントや写真、動画、Googleドキュメントなどの様々なファイルをクラウドストレージに保存でき、どこからでもアクセスできます。 5GB までなら無料で利用でき、有料で最高16TBまで利用できます。 利用できる端末には、パソコンのWindowsやMac、スマートフォンのiPhoneやAndroidスマートフォン、ダブレットのiPadなどがあります。 対応しているファイル形式には、画像関連ならJPEG、PNG、GIF、TIFF、BMP、動画関連ならWMV、FLV、MP3、AVI、MPEG4、3GPP、MOV、MPEGPS、その他Office、Adobe Illustrator、Photoshop、PostScript、Apple Pages、ZIP、RARがあります。

Googleドライブを使うには、専用のクライアントアプリ「Googleドライブ」をWindows PC やMac、iPhone、iPad、Andoridスマートフォンにインストールします。
例えば、Windows用アプリのインストール手順は次の様になります。
(1)Gmailに登録して、Googleアカウントを取得。
(2)「Googleドライブ」にアクセス。
(3)「Windows用のGoogleドライブをダウンロード」をクリック。
(4)Googleドライブインストーラ「googledrivesync.exe」をクリック。
(5)アプリのインストールが開始され、終了したら「今すぐログイン」をクリック。
(6)(1)で登録したGmailのアドレスとパスワードを入力し、ログインをクリック。
(7)「スタートガイド」に従って操作。
以上でパソコンで「Google ドライブ」を利用する準備ができたことになります。
Googleドライブを利用できるWebアプリケーションを利用するには、Webブラウザを利用します。
Googleドライブ上のファイルを利用できるWebアプリケーションでは、Microsoft Officeのファイル(Word文書、Excelブック、PowerPointプレゼンテーション)を直接作成・編集することはできませんが、Googleドキュメント/スプレッドシート/プレゼンテーションの各形式に変換して、それを編集することはできます。
他の端末で同時にログインしていた場合、同じドキュメントを同時に編集することも可能です。
参照:iPhone/iPad 用アプリ『Google ドライブ』





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.