アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

iPhone で撮影した写真・動画をバックアップする方法

iOS端末(iPhone / iPad)で写真やビデオを撮影していると内部に蓄積されるのでストレージの空き容量が少なくなってきます。 空き容量がなくなると困りますし、大切な写真・ビデオならイザという時(例えば本体が水没や破損、紛失、故障などで使えなくなる事態)に備えてバックアップ(複製して保存)しておくことは重要です。 (ここでいう「バックアップ」はiTunesやiCloudの機能でできるiPhone内の設定やデータを複製保存する機能とは区別してご紹介しています。)
iOS端末で撮影した写真・ビデオをバックアップするには
1.パソコンへバックアップする方法、
2.クラウドストレージにバックアップする方法、
3.外部メモリにバックアップする方法
がありますのでご紹介します。

1.パソコンへバックアップする方法

iOS端末で撮影した写真・ビデオは、パソコンへバックアップするのがシンプルで管理しやすいです。 写真・ビデオをパソコンへコピーするのは簡単です。 コピーするだけなら、パソコンはインターネットに接続されている必要もありません。 USBケーブルで iOS端末とパソコンを接続してドラック・アンド・ドロップするだけでコピーできます。
(1)iPhone とパソコンを USBケーブルで接続します。
(2)するとパソコンから iPhoneはデバイスとして認識されます。
(3)マイコンピュータから iPhonenのデバイスを探して開きます。
(4)フォルダがあるので開くと写真動画一覧が表示されますので、パソコンへ移したい写真をコピーします。 一覧表示される写真動画はカメラロールの中のものです。
詳しい方法は「iPhone の写真・動画をパソコンへ転送する方法」を参照ください。 アプリなどでも転送できます。
パソコンへ転送した写真は、パソコン内で整理保管して、また iOS端末へ戻すこともできます。

2.クラウドストレージにバックアップする方法

iOS端末で撮影した写真・ビデオは、クラウドストレージサービス「Dropbox」や「Googleドライブ」「Amazon Photos」などに転送して管理できます。 アプリ『Googleフォト』を使えば、「Googleドライブ」に写真をアップロードして整理・閲覧などの管理ができます。 アプリ『Amazon Photos』を使えば、クラウドのフォトストレージに写真・アルバムをアップロード・保存できます。
■クラウドで写真動画管理アプリ『Googleフォト
■フォトストレージサービス『Amazon Photos

3.外部メモリにバックアップする方法

iOS端末で使える USBメモリ『HooToo』や SDカードリーダー『i-FlashDrive』を使えば、iOS端末で撮影した写真・ビデオを直接転送して保管できます。 無線(Wi-Fi)機能を使ってデータを転送できる SDカードリーダー『AirStash(MAS-A02A)』もあります。 これらを使えば本体の空き容量を増やせるだけでなく、SDカードなどに写真・ビデオを入れて持ち歩くことも可能です。 『i-FlashDrive』は MSオフィス文章や PDF 、音楽など様々なファイルにも対応しています。
■iOS端末対応USBメモリ『HooToo
■iOS端末対応SDカードリーダー『i-FlashDrive
■Wi-Fi対応SDカードリーダー『AirStash(MAS-A02A)

4.その他関連情報

写真・動画以外のデータをバックアップやデータ移行方法は「iOS端末のバックアップやデータ移行方法」を参照ください。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.