アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

少年漫画も青年漫画もオンラインコミックを100円レンタル、電子貸本Renta!

iPhoneで撮影した写真をパソコン以外で保存する方法

iOS端末(iPhone / iPad)で撮影した写真・動画(ビデオ)をイザという時(例えば本体が水没や破損、紛失、故障などで使えなくなる事態)に備えて退避(バックアップ)しておくことは重要です。 また、たくさん撮影すると内部ストレージの空き容量は不足してきますので、外部に転送して、ストレージの空き容量を増やす必要があります。 パソコンがあれば、USBケーブルで iOS端末とパソコンを接続すればドロッグ・アンド・ドロップでコピーできます。 ここでは、パソコンが無い場合に iOS端末で撮影した写真・動画を退避する方法をご紹介します。 写真をパソコン以外に写真を保存するには、
1. 外部メモリを使う方法
2.クラウドストレージを使う方法
がありますのでご紹介します。

1.外部メモリを使う方法

iOS端末で使える SDカードリーダーや USBメモリがありますので、これを使えば簡単な操作で、写真・動画を退避できます。 iOS端末で使える SDカードリーダーには『i-FlashDrive』、USBメモリは『HooToo』などがあります。 無線(Wi-Fi)機能を使ってデータを転送できる SDカードリーダー『AirStash(MAS-A02A)』もあります。 これらを使えば本体ストレージの空き容量を増やせるだけでなく、SDカードなどに写真・ビデオを入れて持ち歩くことも可能です。
■『i-FlashDrive』iOS端末対応SDカードリーダー
■『HooToo』iOS端末対応USBメモリ
■『AirStash(MAS-A02A)』Wi-Fi対応SDカードリーダー

2.クラウドストレージを使う方法

クラウドストレージサービスを使えば、インターネット上のサーバー(クラウドストレージ)に写真・動画を保存できます。 iOS端末で撮影した写真・動画は、クラウドストレージサービス「Googleドライブ」や「Amazon Photos」などに転送して退避できます。 アプリ『Googleフォト』を使えば、「Googleドライブ」に写真をアップロードして整理・閲覧などの管理ができます。 アプリ『Amazon Photos』を使えば、クラウドのフォトストレージに写真・アルバムをアップロード・保存できます。
□『Googleフォト』クラウドで写真動画管理アプリ
■『Amazon Photos』フォトストレージサービス

3.その他関連情報

写真・動画以外のデータをバックアップやデータ移行する方法は 「iOS端末のバックアップやデータ移行方法」を参照ください。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.