アプリガイド+

  Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | welcome |

【注目ニュース】
写真プリントが 1枚3円(8/31日まで)
Youtubeをテレビで見る方法

データ通信量 1GBでどのくらい使えるのか?

iPhone などのスマートフォンでは Webページ閲覧や動画視聴、メール、LINE などインターネット上の色々なサービスを利用できます。 これらのサービスを利用するにはデータ通信が必要ですが、スマートフォン契約の多くでは、モバイルデータ通信量が月に契約量(例えば 2GB,5GB,7GB)超過により速度制限があります。 どんなサービスを使ったらどれぐらいのデータ通信量になるかを知っていると使い過ぎを防ぐ参考になります。 そこでデータ通信量 1GB で色々なサービスをどれだけの回数や時間利用できるのか試算してみました。 また、速度制限されないためには、自分が使ったモバイルデータ通信量を日頃から把握しておくことは重要です。 そこで
1.試算結果
2.iPhone で使ったデータ通信量を知る方法
3.モバイルデータ通信量を節約する方法
4.Wi-Fi を使う方法(サービスやプラン)
5.通信速度制限と必要な通信速度
についてご紹介します。

1.試算結果

試算したそれぞれの数値は条件により変化しますのであくまで参考数値です。 [ ]内の数値は 1GB で利用できる回数や時間です。

(1)Webページ

・PC版Yahooトップページ表示で 約 300KB [約 3,400回/1GB]

(2)Eメール

・300文字程度のテキストメール送信で 約 5KB [約 204,800回/1GB]

(3)LINE

通信内容によりデータ量は異なります。
・音声通話 1分間で 約 0.5MB [約 2,048分/1GB ]
・ビデオ通話 1分間で 約 5.0MB [約 204分/1GB]

(4)Skype

通信内容によりデータ量は異なります。
・音声通話 1分間で 約 0.75MB [約 1,398分/1GB]
・ビデオ通話 1分間で 約 6.24MB [約 160分/1GB]
・テストコール 3分間で 約 1.61MB [約 1,852分/1GB]

(5)FaceTime

通信内容によりデータ量は異なります。
・オーディオ 1分間で 約 0.42MB [約 2,380分/1GB]
・ビデオ 1分間で 約 2.40MB [約 416分/1GB]

(6)YouTube

動画の場合、利用している端末や画質、映像の内容などによりデータ量は大きく異なります。 YouTubeの場合、インターネット接続速度(帯域幅)に応じて低解像度から高解像度まで動画の画質を調整していますが、 利用者が解像度を設定することも可能です。ただし、接続速度と解像度があってないと快適に視聴できません。
スマートフォンの場合
・低画質  1分間で 約 3MB [約 333分/1GB]
・標準画質 1分間で 約 6MB [約 166分/1GB]
パソコンの場合
・低画質  1分間で 約 8MB [約 125分/1GB]
・標準画質 1分間で 約 18MB [約 55分/1GB]
・中画質  1分間で 約 38MB [約 26分/1GB]
・高画質  1分間で 約 62MB [約 16分/1GB]
・HD画質  1分間で 約 137MB [約 7分/1GB]

(7)ニコニコ生放送

・低画質  1分間で 約 2.7MB [約 370分/1GB]

(8)Google Maps

・PC 版 Google Mapsで東京 23区内地点拡大表示で 約1.2MB [約812回/1GB]

(9)Radiko.jp

・1分間で 約 350KB[約 2,995分/1GB]

(10)オンラインゲーム

ゲームの種類や遊び方でデータ通信量はかなり異なります。
・「ポケモン GO」1時間で約10MB [約 100時間/1GB]
・「パズル&ドラゴンズ」10分間で約200KB [約 833時間/1GB]
・「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」10分間で約1MB [約 166時間/1GB]

2.使ったモバイルデータ通信量を知る方法

iPhone 6 / 6 Plus / 5s / 5c など多くのスマートフォン契約では、モバイルデータ通信について通信速度制限が設定されていますので、 自分がどれぐらいデータ通信を利用しているか把握しておくことは大切です。 データ通信量を知るには(1)iPhone 本体で計測する、(2)キャリアの WEBページで確認する、 (3)アプリ(例えばリアルタイムで通信量がわかる「DataMan Next」) を使うなどの方法などがあります。
参照「iPhone で使ったデータ通信量を知る方法

3.モバイルデータ通信量を節約する方法

モバイルデータ通信量を節約するには次の様な方法があります。
●ネットサービスを使う時にはできるだけ Wi-Fi を使う。
●WEBプラウザアプリは「Chrome」 や「Opera Mini」を使う。
●アプリごとにモバイルデータ通信での利用を制限する。
●「バックグランド更新機能」は必要最小限にする。
● iCloud の同期アプリは必要最小限にする。
●使わないときは機内モードにしておく。
参照「iPhone のモバイルデータ通信量を節約する方法

4.Wi-Fi を使う方法(サービスやプラン)

データ通信はたくさん使いたいけど、通信速度制限されないようにするには Wi-Fi を利用することでモバイルデータ通信を使わないようにする方法があります。 Wi-Fi を使うには、固定回線(光回線や CATV、ADSL)に無線LANルーターを接続して使う方法や モバイル回線を使うサービス((Pocket WiFiやWiMAXなど)を利用する方法があります。
参照「Wi-Fi を使うためのサービスやプラン

5.通信速度制限と必要な通信速度

通信速度制限される条件はキャリアとの契約内容により異なりますが、速度制限された場合、通信速度を送受信時最大 128Kbpsに落とされます。 このぐらいの通信速度ですとテキストのメールやメッセージぐらいなら使えると思いますが、 Webページ閲覧だと表示までにかなり時間がかかりますし、動画視聴は困難です。 それでは、どれぐらいの通信速度があれば動画視聴は可能かと言えば、見る動画にもよりますが最低でも 500Kbps以上は必要です。
参照「データ通信速度はどれぐらいあればよいか







免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.