アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

iOS端末と Android端末間でデータ移行する方法

iOS端末(iPhone / iPad)と Android端末(スマホやタブレット)間でデータ移行(引き継ぎ)する方法をご紹介します。 ご紹介するのはデータ移行ができるアプリで、つぎの2本です。
(1)『JSバックアップ』iOS端末と Android端末間でデータ移行できるアプリ
(2)『Move to iOS』Android端末のデータを iOS端末に移行できるアプリ

(1)『JSバックアップ』iOS端末と Android端末間でデータ移行できるアプリ

『JSバックアップ』は iOS機器のデータ(連絡先、カレンダー、写真、動画の4つ)をパソコンなしで簡単にバックアップできるアプリです。 クラウドストレージサービス「Dropbox」を利用してボタン一つで連絡先、カレンダー、写真、動画のバックアップと復元ができます。 バックアップしたいデータは4つデータの中から設定により選択できます。「バックアップ」処理をすると Dropbox 内に「jsbackup」というフォルダが作成され、その中にバックアップファイルが自動的に保存されます。 Android にも対応しているので、Android 専用アプリ『JSバックアップ』を使えば、iPhone と Android スマホ間でデータ移行できます。
App StoreJSバックアップ
Google PlayJSバックアップ
参考:クラウドストレージサービス「 Dropbox

(2)『Move to iOS』Android端末のデータを iOS端末に移行できるアプリ

『Move to iOS』は Android端末のデータを iOS端末 にデータ移行ができる Androidアプリです。 提供は Apple です。 このアプリを Android端末にインストールすることによって、iOS端末へデータをワイヤレス(Wi-Fi)で移すことができます 。移行できるデータは、連絡先/メッセージの履歴/端末で撮影した写真・ビデオ/ブックマーク/Eメールのアカウント/カレンダーです。 Android4.0以降に対応しています。
Google PlayMove to iOS





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.