アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

データ通信速度はどれぐらいあれば良いか

データ通信速度がある程度以上ないとインターネットを快適に使うことはできません。 キャリアの広告を見ると、100Mbps とか 200Mbps などの最高通信速度でユーザーの心を捕まえようとしています。 でも実際にはこんな速度はでませんし、そもそもどれぐらいの速度があれば快適に使えるのかわかりません。 そこで、どれぐらいの通信速度があればいろいろなサービスが快適に使えるか調べてみました。 ご紹介するのは、1,動画(YouTube)、2.Skype、3.オンラインゲームです。
1.動画(YouTube)
ネット上のサービスには、SNSやメール、ウェブ閲覧、音楽視聴などいろいろありますが、最も高速な通信速度が要求されるのは、Youtube やニコニコ動画などの動画視聴です。 動画視聴でも動画の画質により通信速度は異なりますので、表「Youtube動画視聴に必要な通信速度」にまとめてみました。 かなり高画質な動画でも 5Mbpsもあれば視聴できるということです。 余裕を見て 10Mbps もあれば、大概のネット上のサービスは快適に利用できるということです。 因みに、hulu は 2Mbps、Gyao は 2.5Mbps以上必要なようです。
表「Youtube動画視聴に必要な通信速度」
Youtube(360P:低画質) 0.5Mbps以上
Youtube(480P:中画質) 1Mbps
Youtube(720P:高画質) 2Mpbs
Youtube(1080P:超高画質) 3.5Mbps

2.Skype
(1)音声通話
・最低通信速度(下り速度・上り速度):30Kbps
・推奨通信速度(下り速度・上り速度):100Kbps
(2)ビデオ通話
(2-1)通常のビデオ通話
・最低通信速度(下り速度・上り速度):128Kbps
・推奨通信速度(下り速度・上り速度):300Kbps
(2-2)高品質のビデオ通話
・最低通信速度(下り速度・上り速度):400Kbps
・推奨通信速度(下り速度・上り速度):500Kbps
(2-3)HDビデオ通話
・最低通信速度(下り速度・上り速度):1.2Mbps
・推奨通信速度(下り速度・上り速度):1.5Mbps

3.オンラインゲーム
オンラインゲームの場合、データの情報量は、キャラクターの座標やテキストデータなどの少ないデータ通信量です。 なので通信速度は、それほど高速でなくても良く、3Mbps あれば十分遊べる通信速度と言えるようです。 ただし、オンラインゲームの場合は、通信量・通信速度よりもタイムラグが発生したり通信が途切れることが無いことが重要です。 そこで、オススメの通信環境は、有線の光回線です。
表「オンラインゲームに必要な速度」
ドラクエ10 2Mbps程度(有線の光回線が望ましい)
FF14 2Mbps程度(有線の光回線が望ましい)
FPS 1Mbps以上
関連記事
参照:『Speedtest.net Speed Test』回線速度測定アプリ
参考:動画配信サービスの画質紹介
参考:定額動画配信サービスの紹介





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.