アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

iPhone が水没・水濡れした時の対処方法

iPhone が水没や水濡れしたときに決してやってはいけないことは、電源ONにすることです。 もし電源ONの状態ならOFFにします。本体をふることもやってはいけません。 内部に水が入り込んだり、内部で水が広がる可能性があります。 水没した iPhone は「水没マーク(液体浸入インジケータ)」でわかるような仕組みになっています。
やらなければいけないことは、内部まで完全に乾燥させることです。 表面がいくら乾いても内部が濡れていたらだめです。 内部の状態は開けないとわかりませんが、個人が開けることは Apple が改造と判断する場合があるのでオススメできません。 乾燥するときにドライヤーをつかったり熱を加えることもやってはいけません。
カバーやケースは外して、乾いたタオルでやさしく水分を拭き取ります。 濡れぐらいが激しい場合は、乾きやすいように、電源OFF後 SIMカードを外して、乾燥剤と一緒にジップロックにいれておきます。 イヤホンジャックや Lightningコネクタも水分を拭き取ります。
2,3日かけて十分内部まで乾燥させた後電源ONにして、運良く動いたらデータのバックアップをとります。 水没した iPhone は、直後は動いても、やがてサビや腐食によりダメになるおそれがあります。 (参考:水没したiPhoneの基盤) 急に不具合が表面化して写真や連絡先、メモなどの大切なデータが使えなくなったら大変です。 ですから、個人的には修理に出すことをオススメします。 iPhone の修理というのは Apple が対応してくれます。 基本的には本体交換なので、以後安心してつかえます。 修理は Appleテクニカルサポートや AppleSore に電話して相談します。 連絡先や費用などは「iPhoneの修理について 」を参照ください。
スマホの防水対策: 「スマホの防水対策シール」は、iPhoneに貼ることで水没故障のリスクを大幅に軽減できるシールです。
スマホの防水対策シール
(iPhone 6s/6用)

スマホ防水シール
(iPhone5/5S/5C用)

水没スマートフォン修復キット:『リバイバフォン』は、水没させてしまったスマートフォンを90%(水没後1週間以内且つ未通電・未充電の場合)の確率で復活できる、液体タイプのリペアキットです。 スマートフォンに付着した腐食性のミネラル成分を除去するという仕組みです。 これにより、水没後の腐食を防ぎます。






免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.