格安SIM・Wi-Fi案内+

  MVNO & Wi-Fi Guide Plus

HOME | トップ | welcome |


iPhone を格安SIMで運用する方法

キャリアと契約していない iPhone は、Wi-Fi 環境下ではインターネットを利用できますが、 この場合利用できる範囲が限定されます。やはり自由に色々な場所で利用したいという場合は、格安SIM を利用すれば大手キャリア (docomo, au, softbank)よりかなり格安で利用できます。 そこで iPhone を 格安SIM の SIMカードを使って格安で運用する方法をご紹介します。
キャリアで iPhone を使う標準的なプランは、月額 7千円以上しますが、格安SIM だと千円/月ぐらいから利用できます。 月額 5千円節約とすれば年間で 6万円の節約が可能です。 ですから安く iPhone を運用するためのポイントは、自分の iPhone で使える 格安SIM を探すことです。 通常日本でキャリアから提供されている iPhone は、他社提供の SIMカード を利用できません。 これを SIMロック いいます。 逆にどこのキャリアの SIMカードでも使えることを SIMフリー といいます。 ですから iPhone で 格安SIM の SIMカードを利用したい場合は、SIMフリーの iPhone を利用する必要があります。 ところで iPhone はドコモからも提供されていますが、格安SIM の多くは、 ドコモの回線を利用してサービスを提供しているため、ドコモ提供の iPhone だと 格安SIM の SIMカードを利用できる可能性があります。 (au の回線を使ってサービスを提供している 格安SIM も現時点で 2事業者あり、 au のiPhoneはその事業者の SIMカードを使える場合があります。)
iPhone は SIMフリー版が Apple Store で販売されていますのでこれも 格安SIM の SIMカードが使えます。 格安SIM の SIMカードがどの端末(スマホ)に対応しているかは、格安SIM のホームページで「動作確認済み端末」を必ず確認してください。
格安SIM には、例えば人気がある「mineo」があります。 3キャリア(docomo , au , softbank) に対応しているので、手持ちの端末をそのまま使えます。 docomo回線の場合、データ通信のみは700円/月から、データ通信+音声通話は 1,400円/月から利用できます。 オススメのプランには、データ通信(3GB)+音声通話で 1,600円/月があります。
利用開始までの手続きは(1)回線の契約、(2)利用登録、(3)端末での設定となります。
(1)回線の契約(SIMカード購入)します。
(2)SIMカードが手元に届いたら、パソコンなどから mineoホームページ で利用開始の登録をします。 利用者情報の登録や利用するサービスの選択、支払い方法の設定などします。
(3)その後、mineo の SIMカード説明書に従って、Wi-Fi に接続した iPhone から簡単な設定(APN構成プロファイルをインストール)をします。
後は本体に SIMカードをセットすれば利用開始できます。
オプションの「バケット放題」(350円/月)に加入すれば、mineoスイッチONにより最大500kbpsの通信速度でパケット消費せず利用できます。 例えば、「データ通信のみ 3GB」を選択した場合、月額 900円で 3GB まで高速でモバイルデータ通信が利用できます。 もし 3GB 使いきらなかったら余ったデータ量は翌月に繰り越せます。 3GB を使いきった場合、通信速度が「200kbps」に制限されますが、パケットチャージ(100MBにつき税込165円で購入)すれば高速で使えるデータ通信量を増やすことができます。
1GB のデータ量というのは、Yahooトップページなら約 3,400回表示できるぐらいの容量です。 次のリンク先の情報が参考になると思います。
データ通信量1GBでどのくらい使えるのか?
自分の利用目的にあった 回線やプランを選択してください。
参照 :mineo公式ページ

関連記事
参照:格安SIMって何
参照:格安SIM+スマホのご紹介
参照:格安SIMのメリットとデメリット




免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.