格安SIM・Wi-Fi案内+

  MVNO & Wi-Fi Guide Plus

HOME | トップ | welcome |


格安SIMって何?

携帯電話は今では一人1台の必需品です。 キャリア利用者の場合、平均月額7,8千円ぐらい払っているようです。 これを「格安SIM」の通信会社にすれば、半額以下での利用も可能です。 自分は、月額2,000円以下で利用しています。 そこで、この「格安SIM」についてご紹介します。

SIM、MVNO、MNOについて

SIMとはSIMカードのことで、携帯電話に入れて利用するICチップです。 携帯電話には必ずSIMを入れて利用します。 格安SIMは、MVNO提供のSIMのことを意味しているので、格安SIMを使うということは、MVNOと契約することです。 格安スマホは、この格安SIMをいれたスマートフォンのことなので、結局MVNOの回線を使っているスマートフォンのことです。
MVNOはキャリア(docomo , au , softbank)の回線を借りて運営している通信事業者です。 自前で回線を持たないので、コストを抑えられるわけです。 ですから、携帯電話の月額料金をかなり安く提供できます。 例えば、キャリアの標準的なプランだと月額7,8千円ぐらいかかりますが、MVNOではその半額から3分の1ぐらいで利用できます。 具体的には、例えば mineo の「音声通話機能付きSIM」(5GB)なら 1,380円/月+税で利用できます。安いですよね。
MVNO は現在数百社あるようです。 当然ですが、プランも料金も MVNO 毎に違いますし、評判の良いところやあまり良くないところもあります。 評判がよくないというのは、例えば通信速度が遅いということです。 ネットを利用しているときに遅すぎればイライラしますよね。 ですから、まずどこの会社のどのプランにするか決めないといけません。 プランは色々ありますが、慣れてないひとは、音声通話機能(090/080などの電話番号を持つ)が必要か必要でないかとデータ通信量を何GBにするの2点から決めていけば良いでしょう。 必要なデータ通信量は、現在スマホを使っているのなら、自分が毎月どれぐらいのモバイルデータ通信量使っているかが判断材料になると思います。 わからないひとは、次のリンク先が参考になるとおもいます。
参照:データ通信量1GBでどのくらい使えるのか?

オススメの 格安SIM

格安SIMは数百社あるといわれているので選択が大変ですが、人気があるのは10社ぐらですので、その中から選択すれば無難だとおもいます。
みんなに都合が良いプランはありません。 人により優先することが違うからです。 通信量、通信速度、通話時間、料金、サービス(契約しやすい、サポートが良い)などにより選択肢はかわります。
多量の通信量が希望なら、格安SIMよりキャリアのメインのプランよいでしょう。 格安SIMは20GBまでのプランが多いです。
おすすめの格安SIMは、UQモバイル、Yモバイル、mineo、IIJmio、日本通信SIM、楽天モバイルです。

速度が安定している

通信速度が速く安くしたいのならUQモバイルやYモバイルです。
この2つはキャリアの別ブランドですから通信速度は速いわけです。
例えば、UQモバイルにはつぎのようなプランがあります。
「くりこしプランS」は 1,628/月で3GBまで高速で使えます。
「くりこしプランM」は 2,728円/月で15GBまで高速で使え、その後は最大1Mbpsですので標準画質の動画も視聴可能です。
「くりこしプランL」は 3,828円/月で25GBまで高速で使え、その後は最大1Mbpsですので標準画質の動画も視聴可能です。
Yモバイルは、UQモバイルと似たプランですが、基本料金は少し高いです。 ただし、Yモバイルは2回線目からは家族割(-1,188円)があるのでお得です。

とにかく安い

できるだけ安くしたいのならmineoやIIJmioです。
mineoの「デュアルタイプ」は、月間1GB(1,298円)、5GB(1,518円)、10GB(1,958円)、20GB(2,178円)です。
IIJmioの「ギガプラン」は、月間2GB(858円)、4GB(1,078円)、8GB(1,518円)、15GB(1,848円)、20GB(2,068円)です。

電話を良くかける

電話をかけることが多いのなら、日本通信SIMには音声通話定額プラン(音声定額+データ通信3GBで月額2,728円)があります。 コスパが良いのは、日本通信SIMの「SSDプラン」でデータ通信20GBに70分の無料通話がついて月額2,178円です。

条件付きコスパ最高

楽天モバイルは、現状でいえば、メインの回線として使うなら楽天エリア内にあるかで判断したほうが良いでしょう。 エリア内なら電話は無料、データ通信は無制限で使えます。
このように何を希望するかでおすすめは代わります。
プランについては、次のリンク先が参考になるとおもいます。
参照:格安SIM・SIMフリースマホ紹介
迷ったらUQモバイルかYモバイルを選択するのが無難だとおもいます。

格安SIM利用手順

端末(スマホ)も用意しないといけません。 今使っているスマホを使う方法、中古のスマホを購入する方法、家電量販店などで新品を購入する方法、契約する格安SIM提供のスマホを購入する方法があります。 MVNOでは自社で使える端末を「動作確認済み端末」ということで公開していますので、これを見て判断します。 (ここに記載されていない端末はすべて使えないということではありませんが、すべて自己責任になります。) MVNO のほどんどは docomoの端末や SIMフリーの端末が使えます。 auの端末やsoftbankの端末がそのままで使えるMVNOは現在のところ数社あります。 ですから、手持ちのスマホを使いたい場合には、まずはMVNOのWebページで「動作確認済み端末」か調べます。 SIMフリーのスマホは、多くのMVNOで利用できますが、100% 使えるかはわかりません。 MVNOによっては、SIMと端末のセットプランを用意しているところもあるので、それを利用すれば確実です。 具体的な手続きは、MVNOのWebページに詳しく記載されています。 例えば、mineoの利用開始までの手続きは(1)SIMカードの購入、(2)利用登録、(3)端末での設定となります。
(1)『mineo SIMカード』を ネットから手配(購入)します。
(2)SIMカードが手元に届いたら、パソコンなどから mineoホームページで利用開始の登録をします。 利用者情報の登録や利用するサービスの選択、支払い方法の設定などします。
(3)その後 SIMカードをスマホに入れて、mineo の説明書に従って、Wi-Fi に接続した スマホから簡単な設定(APN構成プロファイルをインストール)をします。
以上で利用開始できます。

乗り換え手順

乗り換えのおおまかな手順はつぎのようになります。
1.乗り換え先の格安SIMを決める。
2.スマホを準備する(希望の格安SIMで使えることを確認)。
3.現在契約している電話会社でMNP予約番号をもらう。
4.格安SIMにおいてMNP予約番号で契約する。
5.SIMが届く。
6.SIMをつかって開通手続きをする。
7.スマホが使えるようになる。
※スマホで格安SIMが使えるようになれば現在契約している電話会社は自動的に解約され、そのSIMカードはつかえなくなる。
乗り換えの手順は、次のリンク先が参考になるとおもいます。
参照:格安SIMへの乗り換え手順

注意点:
MVNO は安いというメリットがありますが、同時にデメリットもあります。 キャリアの場合は、店頭で手続きすれば、回線と端末を同時に契約でき、店舗からでるときには、すでに端末(携帯電話)は使える状態です。 自分でやることはほどんどなく、店員がやってくれます。 しかし、キャリアの場合は、回線の契約はインターネットでやり、 端末は自分で用意して、 回線の契約が完了して、SIMカードの準備ができたら、自分でSIMカード端末にいれば使えるように設定するという作業を自分でやらないといけません。 なので、これが面倒なひとは、MVNOを使うのは向いていません。 また、キャリアは店舗や電話でのサポート態勢が(十分に役立っているかはわかりませんが)整っていますが、 MVNOの多くは、店舗を構えていませんし、サポートもメールだけというところもあります。 次のリンク先が参考になるとおもいます。
参照:格安SIM(MVNO) のメリットとデメリット
関連記事
参照:iPhone を格安SIMで運用する方法
参照:スマートフォン料金を安くする方法
参照:格安SIMで通話する方法
※注意:情報は記事を掲載した時のものです。実際に利用される場合はご自身で良くご確認のうえご利用ください。




免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.