アプリガイド+

  Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | welcome |

【注目ニュース】
写真プリントが 1枚3円(8/31日まで)
Youtubeをテレビで見る方法

iOS端末のバックアップやデータ移行方法

iOS端末(iPhone / iPad / iPod)のデータを管理(バックアップやデータ移行)する方法についてご紹介します。 iOS端末は、故障・破損・紛失・盗難などにより中の大切なデータ(写真・動画、連絡先、メール、メモなど)がいつ使えなくなるかわかりません。 そこで、日頃から安全な所に退避しておくことはとても重要です。 これをバックアップといいます。(水没や紛失などにより連絡先や写真が使えなくなり困った経験のあるひとは大勢います。) バックアップは、データを他の iOS端末にデータ移行するときにも使えますので理解しておいたほうが良いでしょう。
ここで紹介するのは、つぎの点です。
1.iOS端の設定やデータをバックアップする方法
2.iOS端末の設定やデータを他の iOS端末に移行する方法
3.iOS端末と Android端末間でデータ移行する方法
4.アプリのデータ移行について
5.「連絡先」「写真・ビデオ」を個別に退避する方法

1.iOS端末の設定やデータをバックアップする方法

iOS端末の設定やデータはパソコンの iTunesや iCloud、それにパソコンソフトを使うことによりバックアップできますのでその方法をご紹介します。

(1)iOS端末の設定やデータをまとめてバックアップする方法

iOS端末の設定やデータをまとめてバックアップしたい場合は、Apple が用意してくれた2つの方法「パソコンの iTunes」や「iCloud」を使う方法あります。 この2つの方法は、バックアップ対象データが少し違いますが、基本的にはパソコンがあるの場合は「パソコンの iTunes」を使い、パソコンがない場合は「iCloud」を使うというのが一般的です。 詳しいバックアップ対象データや操作方法については、Apple のウェブページ 「iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法」 に記載されています。 iTunes でバックアップした場合の保管場所は「iPhone のバックアップデータ保存場所」を参照ください。
バックアップデータを復元する方法は 「iPhone、iPad、iPod touch をバックアップから復元する」が参考になると思います。
尚、au の iPhone の場合、「連絡先」のバックアップが上で紹介した方法では、うまくいかない場合があるようです。 ですから、念のためにアプリ『連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit』などで退避しておいたほうが良いと思います。

(2)iOS端末の設定やデータを個別にバックアップする方法

(1)の2つの方法では写真や動画、音楽、アプリなどをまとめてバックアップと復元できますが、個別のデータ例えば写真だけや特定のアプリだけを対象にすることはできません。 個別のデータだけを対象にしたい場合は、パソコンソフト「AnyTrans」や「CopyTrans BACKUP +」を使う方法があります。 ソフトの詳細については「iOS端末とパソコン間でファイル転送できるソフト」を参照ください。
パソコンが無い場合は、バックアップできるデータが限定されます。 例えば、iPhone で撮影した写真・動画を退避したい場合は、iPhone対応のSDカードリーダー/USBメモリやクラウドストレージを使う方法があります。 詳細は「iPhoneで撮影した写真をパソコン以外で保存する方法」を参照ください。

2.iOS端末の設定やデータを他の iOS端末に移行する方法

上記1で説明した「パソコンの iTunes」で作成したバックアップデータを他の iOS端末に「復元」すれば、設定とデータを移行できます。 手順は次のようになります。
(1)元の iOS端末とパソコンを USBケーブルで接続して iTunes でバックアップします。
(2)新しい iOS端末を先ほどのパソコンに接続し iTunesを使って(1)のバックアップデータを復元します。
※iOS端末の「復元」については iPhone/iPadの「復元」について を参照ください。

3.iOS端末と Android端末間でデータ移行する方法

iOS端末と Android端末(スマホやタブレット)間でデータ移行(引き継ぎ)する方法についてご紹介します。 ご紹介するのはデータ移行ができるアプリです。 (1)iOS端末と Android端末間でデータ移行できるアプリ『JSバックアップ』と (2)Android端末のデータを iOS端末に移行できるアプリ『Move to iOS』があります。

(1)iOS端末と Android端末間でデータ移行できるアプリ『JSバックアップ』

『JSバックアップ』は iOS機器(iPhone / iPad)のデータ(連絡先、カレンダー、写真、動画の4つ)をパソコンなしで簡単にバックアップできるアプリです。 クラウドストレージサービス「Dropbox」を利用してボタン一つで連絡先、カレンダー、写真、動画のバックアップと復元ができます。 バックアップしたいデータは設定により選択できます。 バックアップ処理をすると Dropbox 内に「jsbackup」というフォルダが作成され、その中にバックアップファイルが自動的に保存されます。 Android にも対応しているので、Android 専用アプリ『JSバックアップ』を使えば、iPhone と Android スマホ間でデータ移行できます。
App Store:『JSバックアップ
Google Play:『JSバックアップ
※クラウドストレージサービス Dropbox については「 Dropbox」を参照ください。

(2)Android端末のデータを iOS端末に移行できるアプリ『Move to iOS』

『Move to iOS』は Android端末のデータを iOS端末 にデータ移行ができる Androidアプリです。提供は Apple です。 このアプリを Android端末にインストールすることによって、iOS端末へデータをワイヤレス(Wi-Fi)で移すことができます。 移行できるデータは、連絡先/メッセージの履歴/端末で撮影した写真・ビデオ/ブックマーク/Eメールのアカウント/カレンダーです。 Android4.0以降に対応しています。
Google Play:『Move to iOS

4.アプリのデータ移行について(iTunes で移行できないアプリデータの対応方法)

パソコンの iTunes でほとんどのデータは移行できますが、アプリによっては移行できないものがあります。 例えば「LINE」や「パズドラ」「モンスト」などは個別に対応するしかありません。 このようなアプリの場合は、そのアプリ提供会社が定めている手順があるので、その方法で引き継ぎします。
ただし、そのようなアプリが多い場合、個別にやっていると手間がかかり大変です。 そこで、PCソフト『AnyTrans』を使えば簡単に移行できます。 詳細は、「iPhone アプリデータ引き継ぎ方法 」を参照ください。

5.「連絡先」や「写真・動画」を個別に退避する方法

iTunes や iCloud でバックアップした場合、復元するときにはすべてのデータが一括で対象になりますので、 例えば写真だけを復元したいということはできません。これは、イザというときに不便です。 そこで(1)「連絡先」や(2)「写真・ビデオ」は、個別にパソコンやクラウドサービス、記憶デバイスなどに退避したほうが良いと思いますので、具体的な方法をご紹介します。 尚、大切なデータなら二重三重にコピーして退避しておくことをオススメします。

(1)「連絡先」の退避方法

連絡先 バックアップ - IS Contacts Kit』は、 iPhoneの「連絡先」をバックアップできるアプリです。このアプリは、「連絡先」のデータをパソコンで編集した場合に、 それを iPhone に戻すということもできます。

(2)「写真・ビデオ」の退避方法

写真・ビデオを退避するには、例えばパソコンへバックアップする方法、クラウドにバックアップする方法、外部メモリにバックアップする方法があります。 具体的な方法は、『iPhoneで撮影した写真・動画をバックアップする方法』を参照ください。






免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.