アプリガイド+

  Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | welcome |


◆Amazon秋のセール 5〜50%OFF 10/29まで

iPhone / iPad で EXCEL/WORD を閲覧する方法

iOS端末(iPhone / iPad)で MSオフィス文章を閲覧するには、いろいろな方法があります。
1.メールの添付ファイルの機能を使う方法
2.アプリを使う方法
3.デバイスを利用する方法
4.ウエブサービスを使う方法
などがありますのでご紹介します。

1.メールの添付ファイルの機能を使う方法

(1)標準メールの添付ファイルで閲覧

見たいファイルを添付ファイルとして iOS端末 にメールを送信します。 iOS端末には、MSオフィス文章に対応したビューア機能があるので、メールの添付ファイルをタップすれば閲覧できます。 添付ファイルにタップしたままの状態でいると対応しているアプリを選択することができるので、選択したアプリで扱えるようになります。 メールで送信できるファイルサイズには制限があったり、表示速度や操作性を考慮したらアプリを利用した方がいいと思います。
対応ファイルは Excel / Word / powerpoint / Webページ / Adobe Acrobat /テキストなどです。

(2)Gmail の添付ファイルで閲覧

Gmail でも添付ファイルの Excel/Word/PFD ファイルを見られます。 iOS端末でも Gmail は利用できるので、パソコンと iOS端末両方で同じメールが利用できるので便利です。
※Gmail についてはこちら

2.アプリを使う方法

(1)ビューワ・ファイル管理アプリ「GoodReader」

GoodReader」は PDF や MSオフィス文章 、画像・動画、音楽を快適に閲覧・視聴できるアプリです。 例えば、オンライストレージサービス「Dropbox」と連携して利用すれば、パソコンに入れてあるMSオフィス文章を手間無く閲覧できます。

(2)ファイル管理アプリ「Documents 5」

Documents 5」は iOS端末で各種ファイルを管理できるアプリです。 このアプリには高速なドキュメントビューアやメディアプレーヤー、ファイルマネージャの機能があるので、 iOS端末に各種ファイル(ファイル、文書、音楽、ビデオ、書籍など)を入れてそのファイルを閲覧や視聴したり、ダウンロードできます。 PDFビューワーとしても優れており、PDFファイルを表示できるほか、マーカーでハイライト、アンダーライン、取り消し線を引いて編集するもできます。

3.USBメモリ『HooToo』で閲覧

HooToo』は、iOS端末対応 USBメモリです。 専用アプリと連携して MSオフィス文章や PDF などを閲覧できます。(画像や動画を見ることも可能です。)

4.Webサービス( Webアプリケーション)を使う方法

マイクロソフトが提供しているクラウドストレージサービス 「OneDrive」の「Office Online」や Google が提供しているクラウドストレージサービス 「Google ドライブ」の Webアプリケーションにより MSオフィス文章を閲覧できます。
※ Webアプリケーションとは、Webサーバー上で動作し主に Webブラウザを用いて利用するアプリケーションのことです。

その他

iOS端末で EXCEL/WORD/PDF を閲覧・編集する方法は ここ を参照ください。
ベストセラー
「Fire HD 10 タブレット」

人気コミックを1冊100円でお手軽レンタル、漫画を楽しむなら電子貸本Renta!



免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.