HOME:iPhone/iPad/Android/PC について、使って良かったアプリや便利な使い方、活用方法をご紹介します!!

アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | Q&A | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 |

データ通信量無制限で使える格安SIMプランのご紹介
DAZON(ダ・ゾーン) ; Jリーグなどのスポーツ動画配信サービス(docomo ユーザーなら税抜月額 980円)
次期 iPhone うわさ&予想まとめ
■【BIGLOBE 格安SIM iPhoneSE が月額 2,980円(データ通信3GB + 端末代金)から利用できます。
■【UQ mobileiPhone5s が月額 1,980円(データ通信2GB + 無料通話60分 + 端末代金)から利用できます。通信速度も速いです。

スマホ(iPhone/Android端末)料金を安くする方法

iPhone や Androidスマホなどのスマートフォンの月額利用金は、データ通信(3GB)だけなら、月額900円(税抜;以降断りがないかぎり金額は税抜)で利用できます。 090/080/070の通話機能も使いたいのなら+700円つまり月額1,600円で可能です。 そこで、どうやれば良いかご紹介します。
スマートフォンの月額料金は 8,000円以上払っている方が多いと思います。(各種割引を除いた場合です。) せめて 5,000円以下にできないかとか半額にしたいなど、今の料金を見直したいというかたは多いのではないでしょうか。 結論から言えば、格安SIM(MVNO)を利用すれば、条件次第では月額料金を 2,000円以下にすることも可能とうわけです。 そこでスマホの維持費(月額料金)を安くしたい方へ、
1.どうすれば維持費を安くできるか
2.MVNO 維持費はどれぐらいになるか
3.MVNO 具体的にはどんなプランがあるか
4.MVNO 利用開始までの手順
5.MVNO どんなスマホが使えるか
6.MVNO 格安SIMとスマホのセットプラン
7.MVNO 通話料金を安くする
8.MVNOを使う場合の注意事項
についてご紹介します。
※記事中の金額は断りが無い限り税抜きです。

1.どうすれば維持費を安くできるか

スマホのプランや料金は端末代や各種割引を除くと3キャリア(docomo,au,Softbank)とも似たような内容になっています。 表「キャリの基本的なスマホプラン・料金例」を参照ください。 (より詳しい料金は「スマートフォン月額回線料金」を参照ください。)
キャリアの基本的なスマホプラン・料金例」(端末代と各種割引は除く、金額は税抜き)
新プラン 旧プラン
特徴 通話料金定額
データ量選択
通話料金従量制
データ量7GB
プラン/料金 基本料(通話料金込):2,700円
ネット接続:300円
データ定額(2GB〜):3,500円〜
合計:6,500円〜
基本料:934円
通話料:20円/30秒
ネット接続:300円
データ定額:5,700円(7GB)
合計:6,934円
※docomoは新プランのみ、au/softbankは新旧プランから選択可能。
つまり基本的なプランでは消費税を入れると 3つのキャリアとも 7千円以上になります。 これに旧プランなら通話料金がかかります。 新プランならデータ定額を 2GB より増やした場合は更に料金が高くなります。 例えば 5GBなら 5,000円と 2GBより +1,500円増えます。
月額料金を下げる方法には、 (1)無駄なオプションを解約する、 (2)契約内容を見直して自分に合ったプランを選ぶ、 (3)MVNO の格安 SIMカード を使うなどの方法が考えられます。

(1)無駄なオプションを解約する。

根本的な対策ではありませんが、オプションを見直すことは即効性のある節約方法です。 キャリアなどから色々なオプションサービスが提供されています。 映画やアニメ、音楽を視聴できたり、電子書籍や雑誌を読めるサービスなど色々なオプションがあります。大概は 4,5百円/月ぐらいで提供されています。 自分に必要なものは活用すれば良いでしょうが、問題なのは活用していないオプションを契約している場合です。 契約時にショップからススメられるまま加入したオプションや加入していること自体知らないで無駄な料金を毎月払っている ものが無いか利用明細で確認して不要なオプションがあれば解約します。

(2)契約内容を見直して自分に合ったプランを選ぶ。

電話を良く使う人なら「通話無制限」はありがたいですが、電話を余り使わない人は無駄な料金を払っていることになります。 データ通信をよく利用するのなら多く使えるプランを選んだほうが良いでしょう。 ですからまず自分が電話やデータ通信についてどんな使い方をしているかを知る必要があります。 そうすれば通話料金やデータ通信料について無駄な支出がないようなプランを選択できるでしょう。

(3)MVNOの格安SIMを使う。

(1)(2)の方法では、自分にあっていないプランで契約していたり不要なオプションを選択しているなら見直すことである程度節約できる可能性がありますが、 該当していないひとには効果が小さかったり、もっと安くしたい人には希望の料金にならないかもしれません。 その場合は MVNO の格安SIM を利用する方法があります。 MVNO(Mobile Virtual Network Operator 、仮想移動体通信事業者)というのは簡単に説明するとキャリアから設備を借りて自社ブランドで通信サービスを行う事業者のことです。 大体 30ぐらいの事業者があり 150ぐらいのプランがあるようです。 例えば日本通信、IIJ、NTTぷらら、BIGLOBEなどの事業者があります。 自社で物理的な通信網を持っていないためその為の設備投資や保守費用がかからないとか、実店舗ではなくネット経由でサービスを提供ている、 端末を販売しないなどの理由でサービスを安く提供できています。 MVNO は通称「格安SIM」とか「格安スマホ」と呼ばれることがあります。 最近ではイオンやビックカメラ、ヨドバシカメラなどが MVNO の業者と提携して端末と通信サービスをセットにして提供したり、 実店舗で営業している場合もあります。
個人的におススメのサービスは、技術力があり評判が良く通信速度が安定している「IIJmio」です。 より価格を重視する方は、IIJmioと提携している「DMM mobile」です。
詳細情報:「IIJmio
詳細情報:「DMM mobile

2.MVNO 維持費はどれぐらいになるか

MVNO を使えばモバイルデータ通信を大手キャリア(docomo, au, softbank)よりかなり格安で運用できます。 例えば IIJmio でデータ通信だけなら 900円/月(データ容量3GB)から利用でき、 通話サービスも利用したいなら追加料金 700円/月つまり合計 1,600円/月から利用できます。 安さでいえば DMM mobile の「ライトプラン(データSIM)」なら 440円/月、 「ライトプラン(通話SIM)」なら 1,140円/月で利用できます。

3.MVNO 具体的にはどんなプランがあるか

例えば IIJmio データ通信専用プランの場合 3GB なら 900円/月、5GBなら 1,520円/月、10GBなら 2,560円/月です。 嬉しい事に IIJmio では当月使いきらなかったデータ通信量は翌月に繰り越せます。 音声通話もできるプラン『IIJmio 音声通話機能付きSIM「みおふぉん」』は上記プランにそれぞれ+700円/月です。 データ通信をたくさん使いたい人には、データ通信を無制限で使えるプランがあります。 例えば、「UQ mobile」の「データ無制限プラン」 なら通信速度最大 500kbpsながら 1,980円/月で通信速度制限なしで使えます。
オススメの格安SIMプランについては「格安SIM・SIMフリースマホのご紹介」を参照ください。

4.MVNO 利用開始までの手順

利用開始までの手続きは(1)SIMカードの購入、(2)利用登録、(3)端末での設定となります。 ここでは IIJmio で契約する場合を例にしますが、基本的な流れは他社も似ていると思います。
(1)『IIJmio SIMカード』を ネットから手配(購入)します。
(2)SIMカードが手元に届いたら、パソコンなどから IIJmio ホームページで利用開始の登録をします。 利用者情報の登録や利用するサービスの選択、支払い方法の設定などします。
(3)その後 IIJmio の説明書に従って、Wi-Fi に接続した iPhone から簡単な設定(APN構成プロファイルをインストール)をします。
後は本体に SIMカードをセットすれば利用開始できます。

5.MVNO どんなスマホが使えるか

MVNO の SIMカードはすべてのスマホで使えるわけではありません。 SIMフリーのスマホ(例えばASUSek『ZenFone 2 Laser』や HUAWEI『P8 lite 』) なら大概は使えますが、キャリアから提供されているスマホは使えないものがあります。 通常日本でキャリアから提供されているスマホは、他社提供の SIMカードを使えません。 (これを SIMロック といい、 逆にどのキャリアの SIMカードでも使えることを SIMフリー といいます。) ですから MVNO の SIMカードを利用したい場合は、SIMフリーのスマホを利用する必要があります。 但し MVNO の多くはドコモの回線(auの回線を借りている事業者も少しある)を借りてサービスを提供しているため、 ドコモ提供の スマホだと MVNO の SIMカードを利用できる可能性があります。 iPhone 6 / 6 Plus は SIMフリー版が販売されているのでこれも MVNO の SIMカードが使えます。 (iPhone4s だと Kingmobileの『SIMロック解除アダプタ』などを使えば MVNO の SIMカードを使える可能性があります。 他の iPhone は自分で SIMロック解除できる可能性は低いでしょう。) MVNO の SIMカードがどの機種に対応しているかは MVNO のホームページで確認できます。 オススメの SIMフリースマホは ここ を参照ください。

6.MVNO スマホと格安 SIM のセットプラン

自分でスマホと SIM を別々に手配するは面倒だったり不安という方には、2つがセットなったプランがあります。 例えば IIJmio が提供している「SIMと端末セット」プラン は 「SIMカード+端末」がセットになったプランで、端末が「ASUSTek ZenFone 2」の場合 2,850円/月(税抜)から利用できます。 オススメの格安SIM+スマホセットプランは ここ を参照ください。

7.MVNO 通話料金を安くする

MVNO のプランには現在のところ「通話し放題のプラン」はありませんので、通話料金はほどんど 20円/30秒です。 但し通話料金を安くできるサービスがあります。例えば 10円/30秒で通話できたり、同じサービを利用している 利用者同士なら無料で会話できる Skype や LINE などのサービスを利用して節約できます。 具体的なことは「格安SIMで通話する方法 」を参照ください。

8.MVNO を使う場合の注意事項

MVNO を使うと安く運用できる利点がありますが、注意点もありますのでまとめて見ました。
(1)電話が多い場合は電話し放題のプランのあるキャリアのプラン方が安い場合がある。
(2)端末は自分で用意しなければいけない。(ただしセットプランもある。)
(3)手続きや設定は自分で行う必要がある。(店舗でサービスしている事業者もある。)
(4)キャリアメールがない事業者がある。(フリーメールのGmailやヤフーメールで代用できる。)
(5)サポートはメールでの対応が多い。(店舗で対応している事業者もある。)
(6)本体や回線のトラブルが合った場合、自分でトラブルに関連する事業者に対応して解決する必要がある。

その他

※iPhoneを格安SIMカードで運用する方法 ここ を参照ください。
※格安SIM+SIMフリースマホのご紹介は ここ を参照ください。
※格安スマホのご紹介は ここ を参照ください。
※格安SIMで通話する方法については ここ を参照ください。
※iPhone 6 の SIMフリー版とキャリア版の料金や比較については ここ を参照ください。
※注意:プランや金額は記事を書いたときのものですので、実際に利用する場合はご自身で確認の上ご利用ください。

プレゼントに最適!
2016年ベストセラー1位獲得
高音質ワイヤレス・スピーカー

SoundCore』は、 Bluetooth対応ポータブルスピーカー。一回の充電で約24時間の連続再生可能。

iPhoneをテレビで楽しめる

Fire TV Stick』はテレビで YouTube / dTV / Hulu / Netflix / DAZON の動画やゲームを楽しめます。 さらに、iPhone の画面をテレビに映すミラーリングもできます。

毎日確認 Amazonタイムセール】お得な商品が次々登場
【30日間無料で体験】『Amazonプライム会員』は送料無料以外にも特典がいっぱい!
【最初の6か月は無料】『Amazon Student』学生さんはもっとお得にAmazonをつかえる!
【節 約】iPhone料金は月額2,000円以下にできる。
月額500円で動画見放題「dTV」】docomoが提供している動画見放題サービスです。31日間無料でお試しできます。
(「トゥモローランド」「イントゥ・ザ・ウッズ」dTV独占で見放題配信開始)
Fire TV Stick】を使えばテレビで YouTube / dTV / Hulu / Netflix などを楽しめます。
定額動画見放題サービス】YouTube 楽しいですよね。
調査によると人気の有料サービスは1位:Amazonブライム・ビデオ、2位:Hulu、3位:GYAO!、4位:dTV のようです。
個人的には、毎日1本 Amazonブライム・ビデオ の映画を見ています。007シリーズ視聴は12月5日まで/ ゴッドファーザー/M:I/ターミネーター/X-MEN/MIB/ハリーポッタなど
音楽聴き放題サービス
人気のインターネットサービスに音楽聴き放題があります。 iPhone/iPad や Androdi端末で音楽を楽しめる人気のサービス 「Google Play Music(GPM)」「Apple Music」「LINE MUSIC」 「スマホでUSEN」「KKBOX」「AWA」をご紹介します。
■【海外旅行 Wi-Fi】レンタル・モバイルルーター「イモトのWiFi」なら早めの予約で最大 15%お得

ご覧頂きありがとうございます。

iPhone 便利ですよね。 自分は iPhone3GS から使っていますが、便利な一方、未だにわからないことがあります。 そこで、日々覚えた使い方や気になるアプリをメモとして記録してみました。 このサイトをご覧頂いたかたの参考に少しでもなればと思います。 新しくメモしたものは トップページ で公開しています。 また、アプリの割引セール情報もご紹介しています。 特に iPhone 初心者には「iPhone入門」が参考になると思います。

アプリセール情報

アプリセール情報がメールで届きます。
登録はここを参照ください。

2017/02/18】アプリセール情報
□『ルーヴル美術館 HD』ルーヴル美術館アプリ
ルーヴル美術館所蔵の有名な絵画を鑑賞できるアプリです。
□『dB meter - 騒音測定』騒音測定アプリ
iPhoneで騒音測定ができるアプリです。
□『ウォーリー& Friends!』「ウォーリーをさがせ!」のアプリ
「ウォーリーをさがせ!」のアプリ版です。

よく読まれている記事

データ通信量 1GB でどの位使えるのか?
iPhone/iPadとPC間でデータ転送方法
iPhone/iPadでEXCEL/WORD編集する方法
iPhoneの画面をテレビに映す方法
iPhoneの「その他」を削除する方法
iPhoneの容量が不足したときの対策
iPhoneを海外で使う方法
iPhoneでSDカードが使える機器
iPhoneバックアップやデータ移行方法
iPhoneの写真を印刷する方法
スマートフォン料金を安くする方法

Amazonプライム

「Amazonプライム」は送料が無料になる以外にも特典がたくさんありますのでご紹介します。
●プライム・ビデオ:映画やテレビ番組が見放題。
●プライム・ミュージック:100万曲以上の楽曲が聞き放題。
●プライム・フォト:デジカメやスマホで撮影した写真を、クラウド上に容量無制限でバックアップできる。
●プライム・ナウ:首都圏近郊など一部のエリアで、対象商品を1時間以内に届けてくれる。
●会員限定タイムセール:通常のユーザーより30分早くタイムセールに参加できる。
●Kindleオーナーズライブラリー:対象のKindle本から好きなタイトルを毎月1冊無料で読める。
●Amazonパントリー:食品や日用品を一箱あたり290円の手数料で届けてくれる。
●Amazon定期おトク便 おまとめ割引:日用品やサプリ、食品など、対象商品を3個以上まとめて発送すると最大15%オフになる。
●「Kindle電子書籍リーダー」は通常8,980円ですがプライム会員なら¥4,980 で購入可能。
●「Fire タブレット 8GB」は通常8,980円ですがプライム会員なら¥4,980 で購入可能。

「Amazonプライム」は税込年会費 3,900円(ひと月換算325円)で利用できますが、「Amazonプライム無料体験」を使えば30日間無料で体験することができます。さらに、学生さんには、よりお得な「Amazon Student」(最初の6か月は無料、その後年会費 1,900円(ひと月換算159円))もあります。






免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.