アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

iPhone を使うのにパソコンは必要か?

iPhone を使うのにパソコンは必要かについてご案内したいと思います。 絶対必要か?ということで言えば、そうではありません。無くても、電話ができるのは当然ですが、メール、カメラも使えますし、アプリもLINEやTwitter、Facebook、Instagramなど使えます。 では、有ったほうがよいかと聞かれたら、自分は有ったほうが絶対によいと思います。 つぎのような理由があります。
1.データのバックアップやデータ移行ができる。
2.iPhone で撮影した写真を印刷できる。
3.CDの曲をiPhoneに転送できる。
4.写真・動画をiPhoneに入れることができる。
5.不具合に対応できる。
6.iPhone内のゴミデータを整理できる。
7.消えたファイルを復元できる。
8.無線LANルーターの設定やトラブル対応に役立つ。
なお、iTunesをつかったり、Webサイトを閲覧したり、Officeを使うぐらいなら、それほど高性能なパソコンは必要ありませんので、 ベーシックなパソコンや中古パソコンでも役立つと思います。そこで、9.パソコンをご紹介します。

1.データのバックアップやデータ移行ができる。

(1)データのバックアップ
iPhoneで撮影した写真・動画、連絡先などiPhonenの中に大切なデータが蓄積されてます。 もし、故障や破損、紛失した場合には、その大切なデータが見れなくなる可能性があります。 これを防ぐには、コピーを保存しておくことは大切です。 Apple が提供しているパソコンソフト iTunes を使えばデータのバックアップができます。
(2)撮影した写真・動画をパソコンへコピーができます。
(3)iOS端末間でデータの引き継ぎができます。
(4)アプリとそのデータの引き継ぎができます。
具体的には「iOS端末バックアップやデータ移行方法」を参照ください。

2.iPhone で撮影した写真を印刷できる。

iPhoneで撮影した写真をパソコンへ転送すれば、パソコンと接続されたプリンターを使って自分で印刷できます。 デジタル写真を印刷するには、写真店やコンビニで印刷する方法がありますが、自分で印刷できればお手軽です。 具体的には「iPhone / iPad の写真などを印刷する方法」を参照ください。

3.CDの曲をiPhoneに転送できる。

パソコンのiTunesを使って、CDの曲をiPhoneに入れることができます。手順は簡単で、iTunesを使ってCDを読み込み「同期」するだけです。

4.写真・動画をiPhoneに入れることができる。

デジカメなどで撮影した写真・動画をパソコンの iTunes を使って iPhone に入れることができます。 具体的には「パソコンの画像をiOS端末に転送する方法」を参照ください。

5.不具合に対応できる。

iPhoneを使っていると、様々な不具合が発生することがあります。修理しなければいけない場合もありますが、一時的な不具合なら自分で解決できる場合があります。その方法は、「バックアップ→初期化→復元」する方法です。これはパソコンのiTunesで処理できます。具体的には「iPhoneの調子が悪い時の対策方法」を参照ください。

6.iPhone内のゴミデータを整理できる。

iPhoneは使い続けると様々なゴミデータが蓄積される場合があります。 ゴミデータの量が少なければ放置しても良いでしょうが、1GB以上になることがあります。 そんな場合は、やはり削除したほうがよいでしょう。 パソコン・ソフト「PhoneClean Pro」を使えばゴミデータを削除できます。 自分は年に 2,3回はゴミデータを削除してストレージの空き容量を増やしてしていますが、多い時には 2.5GB以上空き容量が増えたときがあります。

7.消えたファイルを復元できる。

誤った操作などにより大切な写真などのファイルを削除することがあります。 通常iOS端末のバックアップデータないと取り戻すことはできません。 そこで、パソコン・ソフト「Dr.Fone for iOS」を使えば、取り戻せる場合があります。 誤削除したファイルを復元するためには、削除から時間がたっていない方が可能性が高くなります。

8.無線LANルーターの設定やトラブル対応に役立つ。

自宅でWi-Fiを使いたい場合に、例えばひかり回線を契約した場合、自分で無線LANルーターを用意してWi-Fiを使えるようにする方法があります。 この場合、通常はパソコンを使って無線LANルーターに設定をします。(現在は、パソコンを使わなくてもこの設定ができる機種もあるようですが、現状では一部の機種だけです。) また、Wi-Fiをはじめインターネット環境に不具合が発生した場合、原因を調べるのに、有線で対応できるパソコンがあったほうが便利です。

9.パソコン

上記のことをするには、最新の高性能パソコンでなくて対応できます。 例えば「マウスのノートパソコン」のようなベージックなパソコンや 「中古パソコン」でも利用できます。 中古のパソコンなら十分役立つものが 2,3万円ぐらいで見つかると思います。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.