格安SIM・Wi-Fi案内+

  MVNO & Wi-Fi Guide Plus

HOME | トップ | welcome |


 どのテレビでも動画を楽しめるFire TV Stick

 通信量制限なし工事なしWi-Fiが4,980円

スマホ(iPhone/Android端末)料金を安くする方法

キャリアと契約していない iPhone は、Wi-Fi 環境下ではインターネットを利用できますが、 この場合利用できる範囲が限定されます。やはり自由に色々な場所で利用したいという場合は、 MVNO を利用すれば大手キャリア (docomo, au, softbank)よりかなり格安で利用できます。 そこで iPhone を MVNO の SIMカードを使って格安で運用する方法をご紹介します。
キャリアで iPhone を使う標準的なプランは、月額 7千円以上しますが、MVNO だと千円/月ぐらいから利用できます。 月額 5千円節約とすれば年間で 6万円の節約が可能です。 ですから安く iPhone を運用するためのポイントは、自分の iPhone で使える MVNO の SIMカード を探すことです。 通常日本でキャリアから提供されている iPhone は、他社提供の SIMカード を利用できません。 これを SIMロック いいます。 逆にどこのキャリアの SIMカードでも使えることを SIMフリー といいます。 ですから iPhone で MVNO の SIMカードを利用したい場合は、SIMフリーの iPhone を利用する必要があります。 ところで iPhone 6 / 6Plus / 5s / 5c はドコモからも提供されていますが、MVNO の多くは、 ドコモの回線を利用してサービスを提供しているため、ドコモ提供の iPhone 6 / 6Plus / 5s / 5c だと MVNO の SIMカードを利用できる可能性があります。 (au の回線を使ってサービスを提供している MVNO も現時点で 2事業者あり、au のiPhoneはその事業者の SIMカードを使える場合があります。)
iPhone 6 / 6 Plus は SIMフリー版が Apple Store から販売されていますのでこれも MVNO の SIMカードが使えます。 (iPhone4s だと Kingmobileの『SIMロック解除アダプタ』などを使えば、MVNO の SIMカードを使える可能性があります。) iPhone 6 の SIMフリー版とキャリア版の料金や比較については ここ を参照ください。 MVNO の SIMカードがどの端末(スマホ機種)に対応しているかは MVNO のホームページで必ず確認してください。
MVNO には例えば実績のある「IIJmio」があり月額 900円から利用できます。 オススメのプランにはデータ通信だけのプランなら『IIJmio SMS機能付きSIM 3GB 1,040円』や 音声通話もできるプランなら『IIJmio 音声通話機能付きSIM「みおふぉん」 1,600円〜』などがあります。
利用開始までの手続きは(1)SIMカードの購入、(2)利用登録、(3)端末での設定となります。
(1)『IIJmio SIMカード』を 手配(購入)します。
(2)SIMカードが手元に届いたら、パソコンなどから IIJmioホームページで利用開始の登録をします。 利用者情報の登録や利用するサービスの選択、支払い方法の設定などします。
(3)その後、IIJmio の SIMカード説明書に従って、Wi-Fi に接続した iPhone から簡単な設定(APN構成プロファイルをインストール)をします。
後は本体に SIMカードをセットすれば利用開始できます。
例えば、データ通信専用SIM「ミニマムスタートプラン」を選択した場合、月額 900円(税抜)で月間 3GB まで高速でモバイルデータ通信が利用できます。 もし 3GB 使いきらなかったら余ったデータ量は翌月に繰り越せます。 3GB を使いきった場合追加クーポン100MB 200円(税抜)を購入すれば高速で使えるデータ通信量を増やすことができます。
1GB のデータ量というのは、Yahooトップページなら約 3,400回表示できるぐらいの容量です。次のリンク先の情報が参考になると思います。
※データ通信量1GBでどのくらい使えるのか? は ここ
上で紹介したSIMカードはデータ通信専用のものですが、音声通話機能に対応したSIMカードもあります。例えば 『IIJmio 音声通話機能付きSIM「みおふぉん」 1,600円〜 などです。自分の利用目的にあった SIMカードやプランを選択してください。
関連記事
参照:今更聞けない;格安SIMって何
参照:スマートフォン料金を安くする方法
参照:格安SIM+スマホのご紹介
参照:格安SIMで通話する方法
参照:格安SIM(MVNO) のメリットとデメリット
今更聞けないことをテーマに、できるだけ簡単に説明したいと思います。 スマートフォン(iPhoneやAndroidスマホなど)でインターネット接続に使えるデータ通信回線は大きく分類すると二種類あります。 モバイルデータ通信と Wi-Fi です。 モバイルデータ通信は、「モバイル回線 」を使います。 そこで「モバイル回線 」と「Wi-Fi」について、データ通信を中心にご紹介します。

モバイル回線

モバイル回線は 090/080/070 の電話番号を使った通話や SMS とインターネットに利用できます。 モバイル回線を使ったデータ通信をモバイルデータ通信といい、これを使ってインターネットが利用できるわけです。 モバイルデータ通信は、docomo/au/softbank などの通信事業者と携帯電話の契約をすれば利用できます。 この回線を使えば、インターネットを利用できます。 携帯電話の通信規格は、3G / LTE / 4G などと呼ばれています。 それぞれ世代を表しており、3G → LTE → 4G という具合に発展しています。 つまり、3G回線が高速になったのが LTE で、3.9G と表記されることもありましたが、今は LTE や 4G と表記されます。

Wi-Fi

Wi-Fi は無線によりデータ通信できる無線LAN技術(厳密にはブランド)のひとつです。 Wi-Fi に対応した無線の通信機器は、専門知識がなくても簡単な設定だけで親機と子機間でデータ通信ができます。 つまり、すべての無線LANの機器間で通信できるわけではないのですが、Wi-Fi対応機器同士なら通信できるわけです。 この親機がインターネット回線に接続されている場合は、子機(スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機など)でインターネットを利用できます。 本来は Wi-Fi = インターネットではありませんが、現在はほとんどの Wi-Fi はインターネット回線に接続されているので、Wi−Fi を使えばインターネットを利用できるわけです。 個人が自宅で Wi-Fi を利用する場合は、例えばまずひかり回線などのインターネット回線を契約後、それに無線LANルーターを接続すれば Wi-Fi が使えます。
以上説明したことを整理する次のようになります。
「モバイル回線 と Wi-Fi 比較」
モバイル回線
用途:音声通話/SMS/データ通信(モバイルデータ通信)
主な特徴:
・屋外向き
・通信エリアが広い(基地局と端末の距離は半径数百メートル〜数キロメートル)
利用方法:キャリアやMVNOと契約して利用する。
Wi-Fi
用途:データ通信
主な特徴:
・屋内向き
・事務所や個人住宅などの狭いエリアで利用(親機と子機の距離は実質数十メートルの範囲内)
利用方法:
・固定回線(ひかりやケーブルTV)に無線LANルーターを接続して使う。
・モバイルWi-Fiルーターを契約して使う。
・Wi-Fiスポットを使う。

インターネットを通信量や速度制限を気にしないで高速で安定して使いたいのなら、一般的にはモバイル回線より Wi-Fi の方が良いです。 Wi-Fi を使うには、固定回線(ひかりやCATV)に無線LANルーター (例えば「Aterm WHR-1166DHP4」) を接続して使う方法やモバイルWi-Fiルーターを利用する方法、Wi-Fiスポットを使う方法などがあります。 それぞれの特徴やどれを使ったら良いかについては、次のリンク先が参考になると思います。
参照:Wi-Fi を使うためのサービス

関連情報

参照:Wi-Fi入門 - 自宅でインターネットを無線で使うための設定
参照:Wi-Fiが遅い場合の7つの対策

読書好ならAmazon kindle 200万冊読み放題(3ヶ月で99円)

音楽好ならAmazon MUSIC 7,500万曲聴き放題(3か月無料1/10迄)




免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.