アプリガイド+

 Application Guide Plus

トップ | iPhone入門 | 豆知識 | 定番アプリ | ゲームアプリ | 周辺機器 | 用語解説 | welcome |

iPhone(スマホ)を海外で利用する方法

iPhone(記事中はiPhoneで表現していますが他のスマートフォンもほぼ同じ)はそのまま海外で利用できますが、電話代やパケット代などの利用料金は国内とは別になりますので注意しないととても高額になります。 (海外で高額請求されない iPhone の設定については ここ を参照ください。)
iPhone を海外で使った場合の利用料金などサービス内容は、softbank と au と docomo で異なります。
たとえば、softbank の iPhone で、アメリカに渡航している場合、AT&T を利用してアメリカから日本へ 電話した 1分あたり 140円、渡航先国内通話料1分あたり 125円、着信料 1分あた り175円です 。詳細はここを参照ください。 au の iPhone で、アメリカに渡航している場合、アメリカから日本へ電話した 1分あたり 140円、 渡航先国内通話料 1分あたり 120円、着信料 1分あたり 165円です。 利用料金は外国でも事業者により異なります。 詳細は次のリンク先を参照ください。
Softbank :「国際サービス
au:「海外・国際サービス
docomo:「海外でつかう・海外へかける
インターネットなどのデータ通信を利用する場合は、Softbank の「海外パケットし放題」 1日当たり約 25MBまでなら 1980円、それ以上なら 2980円で利用できます。 au の「海外ダブル定額」なら 1日当たり約 20MBまでな ら1980円、それ以上なら 2980円で利用できます。
経済的にデータ通信を利用したい場合は、モバイルWi-Fiルーターのレンタルや現地でプリペイド SIM を購入して利用するなどの方法があります。 詳細は、「iPhoneを使って海外でデータ通信する方法」をご確認ください。 (海外で無料の Wi-Fi を利用する予定のひとは、情報漏えいなどセキュリティ上注意が必要ですので 「無料のWi-Fiを使うときには注意が必要」を参照ください。)
このように、海外で iPhone を利用した場合国内の利用料金とは別になりますので電話料金も高額ですし、着信の会話でも料金が発生します。 そこで、電話も利用しないしパケットでデータ通信もしない場合は、iPhoneの設定で次のようにしておく必要があります。
・「データローミング」オフ
・「モバイルデータ通信」オフ
・「機内モード」オン
これでも心配な人は、SIMカードを抜いておくという方法もあります。
Wi-FiによりインターネットやEメールを利用したい場合は「Wi-Fi」オンです。
次のリンク先の情報も参考になると思います。
1.iPhone(スマホ)を海外で使う時に知っておいた方が良いこと
2.海外で高額請求されないiPhoneの設定
3.海外で安心して iPhone を使う方法
4.iPhone を海外で使うときの用途別通信設定
※実際の利用に際しては、金額やサービス内容などご自身でご確認のうえご利用ください。





免責事項/プライバシーポリシー
Copyright(C) by kumasystem.info ALL RIGHTS RESERVED.